トイレスペースは広めにとる。2畳という広さは老後と子供に優しい間取り

間取りの関係上、トイレは狭く作ってしまいがちですが、トイレのスペースを広くとるとトイレ作りが楽しくなります。

1日の生活はトイレで始まり、トイレで終わる。

トイレを侮ってはなりません。

家族が増える事や、老後の事も考えておくと納得のいくトイレスペースになります。

ふくろう君
今回は、老後と子供に優しいトイレ作りをしたお家です。
りす男
家族みんなが使いやすいトイレにするにはスペースは2畳必要か⁉

「2畳」っという広さにこだわった理由

TOTOのタンクレストイレとLIXILの手洗い場を2畳のトイレスペースに設置
うさ子
2畳ほどの広めのトイレです。

トイレはちょっとこだわって広めのトイレにしました。

なぜかというと老後とか小さい子供とかも居るので先のことを考えると広い方が良いのかなっと思いました。

2畳というトイレスペースはトイレにしては広めの間取りですが広い分できることが広がります。

トイレに割けるスペースがあるならトイレは広めの方がおすすめです。

スポンサーリンク

2畳のトイレスペースのこだわった部分(できること)

  • タンクレストイレで更に広く見栄えが良い
  • トイレ内に手洗い場を設け、汚れを室内に持ち込まない
  • 老後に備え手すりをつけた
  • 白い壁紙で清潔感をアピール
  • トイレの窓で空間を明るく
  • インテリアなどを充実

タンクレストイレで更に広く見栄えが良い

トイレと言えばTOTOです。

そしてトイレと言えばタンクレストイレです。

タンクがないので見た目もスッキリでトイレっぽさもあまり感じません。

また、見栄えが良いのでいつも清潔に使っていたいという気持ちにもなります。

トイレ内に手洗い場を設け、汚れを室内に持ち込まない

トイレ内にLIXILの手洗い場を取り付けました。

トイレが広いので手洗い場があることによる圧迫感もなく、スペースも十分です。

手洗い場があると、トイレ内で用を足した後、手が洗えるので室内に汚れを持ち込まずに済みます。

また、タンクの上の手洗い場とは違い、低い位置に手洗い場が設置できるので、子供も手が洗いやすいです。

手洗い場も広くとれる分、水の飛び散りも少なく汚れにくいと思います。

老後に備え手すりをつけた

※写真はイメージです

トイレに手すりを取り付けました。

老後に備え、トイレに座ったり立ったりすることが辛くならないようにしました。

小さな子供も手すりがあった方安定してトイレに座ることができます。

トイレには手すりを縦に付けるタイプにしましたが、L字の手すりにした方が立ち上がり時にすぐ手すりを掴めるようにしても良いと思います。

ふくろう君
上の写真のよなものを取り付ければ見栄えも使い勝手も良くなります。
りす男
トイレットペーパーホルダー兼、棚にもなるからこれ良いよな。

白い壁紙で清潔感をアピール

壁紙は清潔感のを選びました。

白は空間が広く見えて良いです。

合わせやすいので、どんなインテリアでもなじみます。

トイレに窓で空間を明るく

トイレに日差しを取り込むために窓をつけました。

トイレには窓をあえて付けない人もいますが、窓があることでトイレ内も明るいし、閉塞感がありません。

防犯上、大きな窓はおすすめできませんが、小さい窓を取り付けただけでもトイレの印象が大きく違ってくると思います。

インテリアなどを充実させられる

トイレには極力物を置かないようにして、掃除の手間がかからないようにするのも大切ですが、広いトイレに物が少ない空間は殺風景です。

そこで、トイレに日めくりのカレンダーを置いたりしています。

好きなインテリアで飾られた空間はお気に入りの落ち着く場所になっていき、トイレで過ごしている時間も快適です。

スポンサーリンク

トイレスペースをもっと良くするためのアドバイス

  • ドアを開き戸以外にする
  • クロスを変えてみる
ふくろう君
トイレをもっと良くするために考えました。
りす男
欲張りさんだな。

トイレのドアを開き戸以外にする

ドアと言えば、開き戸ですが、トイレのドアを引き戸や折れ戸などにすると介護が必要になった場合、便利です。

また、引き戸や折れ戸は扉を開ける時、身体を動かす動作が少なく、一番負担が少ない扉です。

扉の開け閉めが楽なタイプを選んでおけば、もしもの時や、老後も安心です。

クロスを変えてみる

真っ白で清潔なトイレは清潔で、きれいな印象になります。

壁紙が白色だとインテリアにも合わせやすく、融通が利きます。

しかし、一色単に白で統一するよりも豪華な壁紙やシックな壁紙、柄物の等の壁紙をはってもトイレの印象は大きく変わります。

また、こだわりがある分、個性的な空間となり、お気に入りな空間になると思います。

りす男
これで誰も文句ないよな。

スポンサーリンク

この記事が気に入ったら
フォローしよう

最新情報をお届けします

Twitterでフォローしよう

おすすめの記事