今時プロパンガスは紹介してもらうのが主流。後悔しないガス会社の選び方

ガスの種類には都市ガスとプロパンガスがあります。

電力の自由化は知っていても、プロパンガスは違うでしょ?

そう思っている人は多いはずです。

プロパンガスは昔から自由料金制であるにも関わらず、ガス料金はガス会社のさじ加減っということを知っていましたか?

プロパンガスは料金が高いというイメージがありますが、プロパンガスも会社を乗り換えることで料金を大幅に削減することができます。

りす男
プロパンガスって料金決まってなかったんだ。
ふくろう君
プロパンガス利用者、利用予定の人は必見です。

プロパンガス(LPガス)とは

プロパンガスとは、液化石油ガス(英名:liquefied petroleum gas)のことを指します。 

液化石油ガスは、プロパン・ブタンなどの天然ガスを圧縮し、常温で液化できる状態にしたガス燃料でできています。

そのガスを、ガスボンベの中に閉じ込め、そこからガスを供給する仕組みをとっています。

スポンサーリンク

プロパンガスが都市ガスより料金が高い仕組み

プロパンガスは都市ガスより料金が高いっというイメージがある人はほとんどの人が思っているのではないでしょうか?

プロパンガスが都市ガスより料金が高いのには由があります。

ガスボンベの配送・人件費がかかる

プロパンガスはガスボンベをトラックなどに積んで直接配送します。

ボンベには決められた容量しか入らないので、当然、定期的な入れ替えや点検が発生することになり、都市ガスよりも手間がかかります。

このため、プロパンガスは都市ガスよりも20%ほど価格が高くなってしまいます。

プロパンガスは高いというイメージが先行している

プロパンガスは昔から「自由料金制」っという事を知っていましたか?

プロパンガスは電力自由化になる前から自由料金制で、ガソリンと同じように販売業者が自由に価格を決めることが許されている商品っという事を知らない人が多いです。

現代では電力自由化で電気会社も自由に乗り換えることができる時代になりましたが、昔は選べませんでした。

その印象から「プロパンガス会社も選ぶ事ができない=会社の言い値で契約するしかない」

そのイメージがあったから、プロパンガスは会社の利益優先で高値でも契約されてきた背景があります。

保安の観点から供給する会社が限られるから価格競争が起きない

プロパンガス会社は保安ルールをクリアできる保安距離が定められています。

プロパンガスは都市ガスのように、配管を通じてガスを供給するわけではないので、ガスボンベを運搬でき、ガスのトラブルがあった際、点検やメンテナンスが行える地域にある会社であることが条件です。

その保安の観点から、プロパンガス会社の多くは地域密着型の中小企業です。

なので、供給する会社がエリアごとに限られています。

この事から、昔から自由料金制だったにも関わらず、地域のプロパンガス会社が結託して、ガス料金を下げるという価格競争が起きなかった、してこなかった背景があります。

あるのは都道府県毎の平均価格だけで、地域によってガス料金が決められているため、適正価格というものがありませんでした。

だから、消費者側は、料金が同じならどこと契約しても使い勝手は同じなので、決められたガス料金で契約するしかなかったのです。

都市ガスのように料金一律っというわけではなく、まさしくガス会社のさじ加減で料金が決められているから都市ガスより高いのです。

りす男
都市ガスより2倍は高いもんな。
ふくろう君
利益優先で高いんです。

値上げされても文句が言えない

プロパンガスは原油であることから、輸入価格に依存される商品です。

原料の高騰でガス会社が値上げする時はあります。

原料の高騰による値上げは仕方ない事ですが、問題はその後です。

値上げ後、原油価格が下がったとしても、すぐに販売価格を下げるガス会社はありません。

プロパンガスは原料の輸入価格の変動で、いつまた値上がりするかわ分からないので、企業は値上げした料金のままであることがほとんどです。

また、自社都合による値上げをされても、提供できる会社が限られている。

地域のエリアのガス会社によって料金が統一されている業界なので、乗り換えても意味がない。

値上げされても同じ会社で契約し続け、どんどん値上げされる料金に文句も言えません。

りす男
他を使いたいけど選択肢がない・・・。

料金比較する環境がなかった

プロパンガスは、会社によってガス料金はバラバラです。

プロパンガスは地域によって提供できる会社が限られている、個別によって契約内容や料金が違うため、ホームページなどでも料金はほとんど乗っていません。

それは価格競争を行う事を避けたいのと、各家庭での契約価格も違うため、顧客からのクレームをさけるためにもホームページ上でも料金を乗せていないのがほとんどです。

スポンサーリンク

プロパンガスがもっと安くなる方法

プロパンガスは、都市ガスに比べると確かに高いです。

しかし、本気でプロパンガスの料金を安くしたいと思ったら【ガス屋の窓口】っというサイトを利用することをおすすめします。

ガス屋の窓口はインターネットだけでなく、東京(本社)・名古屋・中部・福岡に拠点があり、全国のサポート体制が整っています。

ガス屋の窓口から申し込むメリット

  • 無料で面倒な手続きも代行
  • 乗り換えの実績がある
  • 不当な値上げを監視してくれる
  • 1年間料金保障付き
  • 契約内容に縛りがない

面倒な手続きも無料で代行

何かと利用会社を乗り換える時は、手続きが面倒になりますが、手続きを無料で代行してくるので楽です。

現在住んでいる地域の一番良い、ガス会社を手配してくれます。

乗り換え前の業者にも解約の通知を行ってくれるので、やることは紹介されたガス会社と契約するだけです。

契約も基本的には紹介されたガス会社の担当者が自宅に訪問して、書面に署名と捺印をして終わりです。

自宅への訪問が難しい場合には、郵送・投函での書類の受け渡しにも対応しています。

紹介してくれるガス会社は中・大手ガス会社なので、何かあっても安心です。

りす男
忙しくっても手続きできちゃう。

乗り換えの実績がある

インターネットからの申し込みだと、何かトラブルがあった時不安になりますが、ガス屋の窓口は10万世帯の実績があります。

乗り換え実績が多いので、ノウハウも豊富です。

不当な値上げ監視してくれる

ガス屋の窓口では、独自に永久料金監視保証を設けています。

各ガス会社のガス料金の変動状況を把握し、不当な値上げがないか、常に目を光らせています。

ガス会社全体の料金の値上げに関しても、平均値上げを上回らないように監視し、もし、不当な値上げがあった場合、適正な価格に戻させます。

もし、不当な値上げを聞き入れない場合は、その時、一番条件の良い他の会社を紹介してくれるので安心です。

不当な値上げをしてくる業者とは必然的に契約しなくて済むので適正で、良心的な会社を自動的に選ぶ事ができます。

1年間料金保障付き

原油価格の高騰での値上げは仕方ない事です。

しかし、ガス屋の窓口では、原油価格の高騰による値上げがあったとしても、1年以内ならガス料金の差額を返金してくれるという保証がついています。

りす男
おぉ、太っ腹。
ふくろう君
業界初だそうです。

契約期間に縛りがない

契約を申し込む場合、スマホやインターネットのように契約期間が設けてあることがありますが、ガス屋の窓口では申し込んでも契約期間に縛りはありません。

電力会社を乗り換える時でさえ、縛りがある場合がありますが、違約金などの心配もないです。

もし、気に入らない場合は、もとの会社に戻すこともできます。

プロパンガスの料金で悩んでいるなら申し込んでみる価値あり

プロパンガスの料金はHPなどでも記載されていないことが多いのが現状です。

1社1社申し込んでいると時間もかかるし、料金は不透明でセールスなんかされて、断りずらくなったりして面倒になることもあります。

そんな時は、【ガス屋の窓口】から申し込むと時間も手間も節約できるので、プロパンガスの料金に悩んでいるのなら一度問い合わせてみてはどうでしょうか?

りす男
気が変わったら断れば良い話しだしな。
ふくろう君
少なくても今より条件の悪い会社は紹介してこないから安心です。

スポンサーリンク

この記事が気に入ったら
フォローしよう

最新情報をお届けします

Twitterでフォローしよう

おすすめの記事