新築の家に引越し、6年目のエアコンはどうする?移設や処分の判断の目安

新築に引っ越すことで一番悩んだのはエアコンでした。

賃貸を退去するには部屋を元通りにして返さなければなりません。

当然ながらエアコンを持ち込んでいたらエアコンも撤去しなければならないわけで。

使っていたエアコンを引っ越し先に持っていくのか、処分するのかを考えなければなりません。

エアコンの移設はヘタな業者に頼むと移設してもすぐ壊れた!っという事も聞いたことがあります。

りす男
移設してもすぐに壊れたら困る。
ふくろう君
今回は、6年目のエアコンを移設したお家です。

エアコンの寿命は10年ではない

エアコンを操作する様子
うさ子
私はエアコンの処分と移設を両方しました。

エアコンの耐用年数は10年と言われていますが、これはメーカーが製造したエアコンの部品を持っておかなければならない期間です。

メーカーは法律により、故障したら直せるように部品を持っていなければなりません。

10年使ったら使用できなくなるっという期間ではないのです。

実際にエアコンを10年以上使っている人は山ほどいるので、エアコンを10年を超えて使ってもいいんです。

りす男
んー。
でも電気代が気なるな。

エアコンの引っ越し(移設)の4つの不安要素と問題点

  • 長年使用してきたことによるエアコンの消費電力の増加
  • 新しく買うエアコンの購入費用
  • エアコンの移設費用が高い
  • 移設したエアコンがいつダメになるかわらない

長年使用してきたことによるエアコンの消費電力の増加

問題は電気代です。

新しいエアコンだと当然ながら説明書に書いてある通りの消費電力で動いてくれるのですが、長年使っているとそうもいきません。

長年使えば使うほど、エアコンの内部は汚れ、機器の劣化などで、効率よく動けなくなり、消費電力が多くなります。

電気代を考えるなら5年使ったらエアコンの買い替えを考えた方がいい理由はこれです。

使う頻度や手入れの状態やどのくらいの部屋で使っているかによってもまた違うと思います。

新しく買うエアコンの購入費用

エアコンって高いですよね。

安くても本体のみで40,000円はします。

工事費などを含めると50,000円はするので、おいそれと買えません。

安いエアコンで済ますと省エネ性に欠けるし、高いエアコンを買うとなるとそれなりの決断が必要になります。

また、新築に引っ越しとなると複数台用意しないといけないため、余計に資金が必要です。

りす男
買う前提だったら、この記事にはたどり着いてないはず。

エアコンの移設費用が高い

私が依頼した業者でのエアコンの移設費用には取り外す工事費用(約12,000円)取り付ける工事費用(4,000円)ほどかかりました。

プラス引越し先でエアコンを使う場合、運搬費用(4,000円)がかかるので、工事を依頼する業者によって値段の違いはありますが、1台移設するためにおよそ2万円かかりました。

ココが判断の分かれ道です。

2万円出して、移設する予定のエアコンを持っていきたいかいきたくないか。

もし、エアコンの内部が汚れていて、せっかくの新築にその汚れを持っていきたくないっという人は更にエアコン掃除費用ががかかります。

プラス8,000円前後はかかるので、その費用も考えなければなりません。

お掃除機能つきのエアコンは更にエアコンの掃除費用が高いので、注意が必要です。

りす男
新しく買い替えた方がいいんじゃない?
うさ子
私は汚れが目立ってきたエアコンは処分して、後は移設しました。

移設したエアコンがいつダメになるかわらない

2万円出して移設したエアコンが、1年で壊れてまた買い直しになっては移設した意味がありません。

エアコンは取り外すと寿命が縮むと言われていますが、それはエアコンの冷却ガスが関係しています。

エアコンを取り外す時にポンプダウンという作業を行いますが、この作業を怠ると故障やエアコンが冷えないと言ったトラブルになります。

ポンプダウンとは冷房運転を行い、室外機にガスを回収する作業

このポンプダウンという作業をきちんと行えばエアコンの寿命に影響はありません。

この作業さえしっかりしておけばエアコンは何度移設しても寿命はかわりません。

移設する業者の腕次第でエアコンの寿命が決まるということなので、業者選びは慎重に行う必要があります。

りす男
エアコンは壊れるまで使うっていう人も結構いるもんな。

エアコンを移設する時はクリーニングも行うと電気代を節約できる

エアコンは5年使えば買い替えた方がいいと言われていますが、使う頻度や状態によって異なります。

目安は5年ですが、5年は折り返し地点なので、使おうと思えば不自由なく使える性能のレベルです。

しかし、5年も稼働しているとなるとやはり、エアコンの内部は汚れています。

エアコンクリーニングは新居を汚さないためにもエアコンクリーニング後に移設した方が電気代も節約でき、後々後悔しません。

エアコンのクリーニングと移設は同時にできる?

エアコンのクリーニングとエアコンの移設は同時にできます。

逆にエアコンの移設とエアコンクリーニングは違う業者に依頼してしまうと引っ越しの忙しい時期に何度も対応するのは少し面倒です。

しかし、エアコンの移設だけや、エアコンのクリーニングだけ。

っという風に1つの作業しか取り扱っていない業者も多いので、対応している業者は自分で探す必要があります。

トータル的にエアコンの移設を考えるなら「ミツモア」

エアコンを新設するにも移設するにも、エアコンのクリーニングや工事の質などを考えるとエアコン工事は心配事がつきません。

そんな時は、様々なジャンルの専門業者が登録されている「ミツモア」で依頼すると対応している実績のある業者を紹介してもらえるので時間と手間も省けます。

業者を比較してお得な業者を探しても良し!

別々に作業を頼むより安くなる場合もあるので一度見積もりを取ってみる価値はあります。

エアコンの移設やエアコンのクリーニング以外にも様々なジャンルの依頼を受け付けているのでついでに依頼しやすいです。

見積もりは無料なので条件にマッチする業者を探してみてはどうでしょうか?

りす男
引っ越し時は何かと忙しいんだよな
ふくろう君
時短にもなり、悩みもこれで解決です。

買い物はネットショッピング
ポイントがもらえるからお得!

家関係情報
家を作る・買う時に頼りになる媒体

不動産編

マンション編

コメントを残す

CAPTCHA


関連キーワード
家づくりの知識
おすすめの記事
家づくりを無料でサポート