ユニバーサルダウンライトの使いどころ4選。メリット・デメリットとおすすめは?

ダウンライトは天井に埋め込まれている照明器具ですが、その中でも角度を調節できるダウンライトをユニバーサルダウンライトといいます。

ダウンライトは一度設置してしまうと位置は調節できないものなので、光の角度が調節できるダウンライトを使うことで家の利便性がグッとアップします。

今回はユニバーサルダウンライトの設置する場所や買うならこれかな?っというもののご紹介です。

りす男
スポットライトの代わりにもなるんだよな。
ふくろう君
今回はユニバーサルダウンライトのご紹介です。

ユニバーサルダウンライトとは

ダウンライトのスポットライト

ユニバーサルダウンライトとは

ダウンライトとは天井に埋め込んで使用する照明器具のことです。

ユニバーサルダウンライトはダウンライトの仲間で、天井に穴を開けて設置するので天井の凸凹がなくフラットで、見た目がすっきりする照明器具です。

その中でもユニバーサルダウンライトは光の照射角度がある程度調節できるので使い方次第ではスポットライトのような役割を持たせることもできます。

ユニバーサルダウンライトのメリット

  • 角度が調節できる
  • スポットライトの代わりになる
  • 見栄えが良い

角度が調節できる

通常のダウンライトだと配置に悩むこともありますが、ユニバーサルダウンライトは角度が調節できるため、そこまで厳密に位置決めに悩むことがありません。

多少位置がずれていても照射角度を変えれば済むので融通が効きやすいです。

スポットライトの代わりになる

ユニバーサルダウンライトはスポットライトのような使い方で、家の中に設置することができます。

また、天井に設置するので場所も取らず、見た目がスッキリします。

見栄えが良い

スポット的に照らしたい時に配線が必要なく、天井に設置するので場所も取らず省スペースで設置できます。

見た目もスッキリして見え、シンプルなのでどんなテイストのお部屋にも合わせやすく、見栄えが良いです。

ユニバーサルダウンライトのデメリット

  • 価格が高い
  • 多少の掃除が必要

価格が高い

通常のダウンライトより価格が少々高いです。

スポット的に使うものなのでそれほど個数は必要ありませんが、それでもコストアップは免れません。

多少の掃除が必要

角度が調節できる分、ダウンライトが汚れやすいです。

ダウンライトは天井に埋め込まれているため汚れにくいものですが、ユニバーサルダウンライトは多少、飛び出ていて凸凹しているのでその分、ほこりや汚れが付きやすくなります。

なので、キッチンなど、よほど天井が高くない場合を除いて油汚れなどが付きやすい場所には避けた方が良さそうです。

ユニバーサルダウンライトのモデルにもよりますが、お掃除が気になるならあまり飛び出していないものを選ぶ必要があります。

りす男
天井は掃除しにくいしな。
ふくろう君
私は飛べます。

ユニバーサルダウンライトのおすすめな設置場所4選

  • 寝室
  • 洗面所
  • 勉強部屋(デスクライトとして)
  • 壁面のライトアップ
  • リビングのムード作りとして
ふくろう君
一部ユニバーサルダウンライトではないですが参考としてダウンライトを取り付けたお家もご紹介してます。

寝室

寝室は上を向いて寝付くため、どうしても天井の照明の光が目に飛び込みやすいです。

おしゃれだと思って寝室にダウンライトを設置してみたら、ダウンライトの光が直接目に入り、おもったよりまぶしいっと感じることもあります。

そういった時、ユニバーサルダウンライトを設置すれば、光が目に入らない角度にずらし、まぶしさを抑えることができます。

また、模様替えでベッドの位置を多少ずらしても通常のダウンライトより融通が効くことが多いので、位置を漠然と考えていても失敗が少ないです。

洗面所

洗面台にはあらかじめ照明器具が取り付けられているものもありますが、その代わりにユニバーサルダウンライトを使うっという方法があります。

洗面所は室内で物を干すホシ姫サマや、ホスクリーンを使っていたりすると思ったより洗面台付近が暗くなってしまいがちです。

室内物干しなどで洗面所が暗くなってしまわないように角度を調節することができるので便利です。

また、メイクをするときは明るい方が良いですから、ダウンライトが頭上にあると明るくてメイクもしやすいです。

洗面台に照明器具がついていないモデルも選べて、選択肢が増えます。

りす男
洗面台も天井もすっきりするな。

勉強部屋(デスクライト)として

ダウンライトには拡散型集光型があります。

拡散型は光がまんべんなく広がるもので、集光型はスポットライトのように集中して照らすものです。

集光性のユニバーサルダウンライトを勉強部屋やデスク上に設置するとデスクライトの代わりとして活躍してくれます。

机の上に新たにライトを置くことがないので、机の上も広く使え、スッキリして利便性がアップします。

壁面のライトアップとして

調湿性の壁に設置された玄関のダウンライト

ダウンライトは壁際に設置すると、まさにスポットライトの代わりになります。

壁面のユニバーサルダウンライトは角度を調節すると見た目がガラッと変わり、雰囲気を変えたい時に重宝します。

壁にインテリアや絵画などを飾ってユニバーサルダウンライトを設置してみると、飾るものの雰囲気に合わせて壁の光加減を調節できるのでムード作りに役立ちます。

リビングのムード作りとして

リビングにユニバーサルダウンライトを設置すると、雰囲気やムード作りに役立ちます。

特にテレビ付近に設置しておくとテレビをスポットライトのように照らし、映画館のような雰囲気づくりに役立ちます。

また、ソファーの位置に設置しておけば調光機能が付いていなくてもある程度光の量が調節できるのでリラックスして照明を落としたい時にも役立ちます。

りす男
調光機能がついてればベストだけどな。
ふくろう君
調光機能付きは調光器や工事などで総額お高くなります。

押さえておきたいおすすめのユニバーサールダウンライト

  • 引き出し可能ADE951026LEDユニバーサルダウンライト コイズミ照明
  • 激安価格モデルならオーデリックのOD301205
  • 調光不可だけど演色性が良くて安いパナソニックのLSEB5505LE1
  • 調光ができる60W相当の光ならオーデリックのOD361107LED
  • コイズミ照明の多機能ユニバーサルダウンライAD1150W99

引き出し可能ADE951026LEDユニバーサルダウンライト コイズミ照明

E11とハロゲンサイズの適合ランプで少々小さめですがお買い求めやすい価格が魅力です。

このユニバーサルダウンライトの特徴は引き出して使用することができるところ。

角度をつけすぎるとダウンライトのカップの中で、光が遮られてしまい光が届かない場合もあるので、より遠くを照らせるように角度をつけたい人にはうってつけです。

LED一体型でないため、電球は自分で取り換えることがきます。

りす男
ランプは別売りだぞ
ふくろう君
調光機能をもたせるなら壁スイッチが必要です。
断熱材が入っている天井には不可だそうだ。
ふくろう君
その場合、似たようなモデルはこちらです。

大光電機 DDL4760YWG(調光可能型)

激安価格モデルならオーデリックOD301205

ユニバーサルダウンライトにも激安価格のものがありました。

こちらもハロゲン電球使用で少々小さいですが、お値段が安いのが魅力です。

しかし、断熱仕様の天井には取り付け不可となっています。

調光不可だけど演色性が良くて安いパナソニックのLSEB5505LE1

断熱仕様の天井にはこのパナソニックのユニバーサルダウンライトがおすすめです。

演色性もRa83と光の見え方がよく、断熱仕様でも取り付けられます。

調光は不可なのは残念ですが、ユニバーサルダウンライトの機能は最低限にして、取り付けたいだけの場合におすすめです。

調光ができる60W相当の光ならオーデリックのOD361107LED

少しの差ですが、暗いより明るい方が良いので少しだけ光量をアップしたオーデリックのユニバーサルダウンライトです。

演色性も良く、しかも上げ下げできます。

50Wでは不安だなっという人はこちらの60W相当のものがおすすめです。

コイズミの多機能ユニバーサルダウンライAD1150W99

ハイテクユニバーサルダウンライトです。

このモデルを選んでおけば、もう何も文句は出ないだろうっというぐらい付加機能を付けることができます。

ふくろう君
あれこれ取り付けたい人におすすめです。

100W相当の明かりで明るい

100W相当の明かりで明るいです。

価格を追い求めると光量が足りなくなってしまいますが、100W相当の明かりは2~3畳の広さを照らします。

照明は暗いのを明るくするのは難しいことなので強いワット数のものを設置しておけば安心です。

また、60W相当の照明を複数設置しなくて済みます。

照明制御アプリでスマート調光

コイズミ照明の照明制御アプリ「TRee」の紹介動画

専用の照明制御アプリTRee(ツリー)でスマートフォンやタブレット、スマートスピーカーで操作することもできます。

手持ちのスマートフォンで操作できるといくつもリモコンが不要で管理に困りません。

音声操作ができると手がふさがっているときに明かりをON/OFFできるので、人感センサーのような使い方もできます。

コイズミ照明の公式アプリなので安心してダウンロードしてください。

Fit調色で壁で調光調色

Fit専用コントローラーを壁に埋め込み、Wi-Fiでつなぐスマートブリッジを導入することで壁で調光・調色する機能を付加できます。

調光器機能の壁スイッチはいかにもスイッチという感じがしますが、この調光スイッチはデザインにもこだわっており、見た目も良いです。

スマートフォンなどの電子機器不要で照明を壁で操作ができます。

ハイテクユニバーサルダウンライトは追加付加機能不要で長期使用可能

通常のダウンライトでも調光機能を付けられますが、色んな便利な機能を持たせるためには専用の器機を購入したりと費用が高くなります。

また、ライフスタイルの変化で追加したい機能が出てきた場合、こういったハイテクなユニバーサルダウンライトを導入しておけば後から追加で購入・工事費用の追加の心配もありません。

どこれもこれもダウンライトに取り付けたい付加機能なので、初期導入コストさえあればハイテクなユニバーサルダウンライトは長期にわたって活躍します。

りす男
便利な機能は憧れるよな。
ふくろう君
いたるところに設置したい場合におすすめです。

ユニバーサルダウンライトは調光機能ができるとベスト

ユニバーサルダウンライトは角度をつけて狭い範囲を照らすものなので、見た目が少しまぶしいと感じがちです。

そこで角度をずらせばある程度調節できるものの、やはり調光機能は付いている方が融通がきくし、ストレスが少ないです。

後は、ユニバーサルダウンライトに何を求めるかによりますが、それぞれのニーズに合わせて調光機能や人感センサーを付加したり、ワット数を変えたり、色に変化をつけてみたりして素敵なお部屋にしてみてください

りす男
光が強いから演色性は気にした方が良さそうだ。
スポンサーリンク

この記事が気に入ったら
フォローしよう

最新情報をお届けします

家づくりの知識
おすすめの記事