リビングと一体感がある広大なウッドデッキ。天然木は自然と共に暮らせる魅力も

天然木のウッドデッキの最大の魅力は「木」です。

木でできたウッドデッキは、自然そのものの風合いや、質感、肌触りなど、どんなに技術が発達しようともマネできないところがあります。

大自然に囲まれたお庭があるなら、天然木のウッドデッキを設置することでより、自然と一体化して過ごせること間違いなしです。

ふくろう君
今回は、自然に囲まれたお家のウッドデッキです。
りす男
やっぱり木は良いよな。

大自然の中の家はリビングと外がつながった風景が見物

天然木のウッドデッキと薪を積んだ庭
うさ子
無垢材のウッドデッキです。
りす男
薪がある!!

このウッドデッキを選んだ理由としては、「外につながるリビング」に惹かれたからです。

基本、ウッドデッキ側は他人からは見えない位置のため、カーテンも常に全開しており、そこから眺める植物の緑と、空の青と、薪の茶のコントラストが非常にお気に入りです。

他人に見えないので、自然に囲まれながらの食事や、朝寝起きしていい空気を吸うのにとても適した空間です。

スポンサーリンク

リビングとつながるウッドデッキの素敵なところ

  • 室内の延長された感覚に
  • 大きな窓で開放的
  • 眺めが良い

室内が延長された感覚に

リビングとつながるウッドデッキの魅力は、なんといっても室内とウッドデッキをつなげたことで、リビングが更に広くみえるところです。

目線がウッドデッキに抜けることで、視覚的にも広く見えます。

大きな窓で開放的

大きなウッドデッキにはリビングから出入りしやすい大きな窓のおかげで空間が開放的です。

大きな窓のおかげで、外に出なくても室内からも解放感を味わえます。

眺めが良い

外に大きなウッドデッキがあると、外の風景を眺める場所としてうってつけの場所になります。

ウッドデッキにの上に屋根がない分、開放的で、風や太陽の光や温度などを肌で感じる場所になり、我が家の第二のリビングです。

家族の憩いの場所にもなります。

スポンサーリンク

天然木のウッドデッキの魅力

無垢材のウッドデッキ
  • 偽りのない天然素材
  • 夏場でも熱くない

偽りのない天然素材

現在は、技術が発達し、見た目は天然木のウッドデッキに似せたものも開発されていますが、木の温もり肌触り、そして木の香りなどは決してマネできないところがあります。

あの木の何とも言えない質感と肌触りは本物の木だけが再現できるもので、自然との調和やコントラストなど、自然との一体感が感じられます。

夏場でも熱くない

日光が当たるとデッキの温度は上昇しますが、天然木のウッドデッキだと、夏の日照りでもデッキが熱くなりません。

夏場でも素足でデッキに出ることができるのでスリッパ要らずです。

うさ子
肌触りが良いのでついつい素足で出ちゃいます。
りす男
りす男も素足で走りたい。

自然とともに生きるなら断然、天然木のウッドデッキ

ウッドデッキにも耐久性の良い樹脂製のウッドデッキや、木と混ぜて作られた人工木ウッドデッキなど、色んな素材からできたデッキが存在しています。

しかし、天然木のウッドデッキには自然の良さや味わいがあり、経年劣化での変化も自然の風景として味わいがあります。

木の風合いを感じながら、自然と共に生きているという感じがする天然木ウッドデッキはおすすめです。

スポンサーリンク

この記事が気に入ったら
フォローしよう

最新情報をお届けします

Twitterでフォローしよう

おすすめの記事