みんなの家情報
外構をケチって二重の出費。外構プランを見直して予算内に収める方法

家の外回りがきれいだと人に与える印象もかなり違ったものになります。

家を建てる時、家の内装や設備、間取りなどに気を取られてしまいがちですが、外構もお家の一部です。

外から一番見られる部分であるため、おしゃれな外構にしたいと思いますが、外構工事は建物とは別に契約していることがほとんど。

大まかな金額しか決まっておらず、あれもこれも付けるとあっという間に予算オーバーになってしまいます。

ふくろう君
今回はフェンスの設置に後悔したお家です。

りす男
外構は家の見た目だから大切だな。

庭のフェンスが予算オーバー!

うさ子
庭のフェンスが予算オーバーでした。

外構の打ち合わせ時に、希望するフェンスがあったのですが、予算をはるかに超える金額を提示されました。

泣く泣く諦め、1番安いフェンスに決定したのですが、このフェンス、外からの目隠しで設置したのに、目隠しになっていません。

りす男
丸見えじゃないか!!

家を建てる時、あれもこれも付けようと思うと余裕で予算オーバーします。

うさ子
結局自分で、DIYすることにしました。

とりあえず自分達で目隠しになるウッドフェンスを手作で作りました。

妥協も大事ですが、外構は特に最初にしかできない工事などもあるので、よく考え、業者さんと相談してください。

このように外構をケチると二重の出費になる可能性があるかもしれませんよ。

スポンサーリンク

外構とエクステリアに関わり

そもそも外構とは何なのでしょうか?

家を建てるならエクステリアという言葉を聞いたことがあると思いますが、それも踏まえて考えていきたいと思います。

りす男
分かりやすく簡潔に頼むぞ。
外構とは
門や塀、フェンス、駐車場など建物以外のことを言います。
1つ1つの構造物(門や塀)のことです。
エクステリアとは
外構を装飾的に整え、「見せる」ように作られることを指します。
インテリアのように室内を装飾するように、見栄えを整えます。

室内に家具を置くことを考えたとき、家具が【外構】。

デザインや装飾性を重視したものをインテリアと呼びますが、それが【エクステリア】です。

りす男
英語にするとおしゃれな感じがするのと同じだな。

ふくろう君
えー。

家を建てる時、外構工事はなぜ別契約なのか?

家を建てるとき、外構工事は別契約することがほとんどです。

家を建てるハウスメーカーや工務店は家を建てる専門家であって、家以外の工事は専門ではありません

ハウスメーカーや工務店は工事の受注はしますが、外構の工事は外構専門会社に依頼することになります。

このような事から家の建設費用は別で契約します。

別で契約するから金額も大まかな金額しか決まっていないことも多いです。

りす男
いくらかかるか分からないのは不安だ。

外構工事をするには

2つ方法があります。

  • ハウスメーカーや工務店にまとめて依頼
  • 自分で業者をさがす

家を建てるハウスメーカーや工務店にまとめて依頼するケースと自分で外構の業者を探すケースがあります。

ハウスメーカーや工務店にまとめて依頼する場合

建物を契約した時に外構も契約することになります。

外構費用も住宅ローンに組むことができるため、安心です。

外構業者を探す手間が省け、引き渡しの時、外構工事も終わっているため、入居もスムーズにできます。

デメリットはコストが高い

先にも述べたようにハウスメーカーや工務店や外構は専門外です。

工事の請負はするが、実際の工事は別会社に委託することになる場合が多いので、その仲介料として外構費用が高くなる傾向があります。

さらに、これはお家を建てる担当者にもよりますが、担当者が外構に関して知識が乏しいことがあります。

大手を振って、門の位置やアプローチの仕様など、素材などを積極的に提案してくれる担当者なら良いのですが、外構は別会社に頼まなければならな程、デザインや機能、何を重視するかによっても外構の仕様は異なります。

要はケーキを買いに来たのに、パン屋に訪れるようなものです。

もちろん、両方おいしいお店もあります。

でも、ケーキとパンを販売しているところって、冷凍の生地や既製品に手を加えただけの物だったりします。

ケーキでもパンでも、生地を一から丁寧に作っている方がやっぱりおいしいですよね。

それと同じで、外構工が得意なハウスメーカーや工務店はもちろんいます。

しかし、ただパーツを組み合わせているだけの場合もあるので、工事を依頼しない方が無難でしょう。

りす男
やっぱ、専門の業者に頼んだ方が安心だよな。

自分で業者を探す

外構業者に知り合いがいればいいのですが、ほとんどの人は自力で探すことになると思います。

これが意外と大変で、外構業者って家を建てるかリフォームする時しか使わないので、利用する人が少も限らられているので、口コミや情報も少ないことが多いです。

地元の業者は知ってるけど、料金などが具体的な金額がわらかないので、問い合わせもしにくいですよね。

素人にはその業者がちゃんとした会社なのかどうかも分からないですし。

そんな時、複数の会社が無料で一括見積ができるサイトを利用することをおすすします。

スポンサーリンク

外構工事を自分依頼した方が良い人

家を建てるハウスメーカーや工務店からしか見積もりをもらっていない場合、具体的な提案がない場合。

正直言って、もったいないです。

  • 無料で見積をとりたい
  • 料金が妥当かどうかを見極めたい
  • もっと違う外構の提案を見てみたい
  • 探す手間や時間を省きたい
  • 優良外構業者さんに頼みたい

こんな人におすすめです。

外構工事は委託会社に任せてしまうと、工事内容をハウスメーカーや工務店が把握していないこともあります。

契約していた工事費より、かなり高額の金額を請求されることも。

ハウスメーカーや工務店の外構工事の料金が安いからと言って安心しないでください。

この場合、工事内容が雑だったり、材料をケチってたり、外構が残念な仕上がりになってしまう場合もあります。

無料で利用でき、登録されている業者も厳しい審査を通過した業者しか登録されていません。

あなたにあった最適なプランを提案して、アドバイスもしてくれます。

ハウスメーカーや工務店の外構プランより、もっといいプランがある可能性だってあります。

外構工事は技術が必要です。

違う業者にはあと数センチだけでも柱はずらせないと言われている場合でも、違う業者ならできる可能性だってあります。

業者によっても技術の差はあるので、比べてみる価値があります。

今回のうさ子のように希望するフェンスが高くて外構を諦めた場合でも、もしかしたら違い業者ならもっと安く、代替のフェンスも提案してくれたかもしれません。

工事内容がよくわらかなかったり、本当にこの料金が妥当なのかを調べるためにも無料で一括請求できるサイトをぜひ、使ってみてくださいね。

無料なので、見積もりしてみて後悔することってないと思います

知らないサービスを利用するのは不安ですが、個人情報を抜き取るためのサイトではないので安心してくださいね。

知るか、知らないか。

やるかやらないかはあなた次第です。

見積もりした後は必ず契約しなくてはいけないわけではなく、断ることも自由にできます。

りす男
こんなサイトあったのか!
知らなかったら良かったな。

ふくろう君
違うサイト使って後悔したからですね。
スポンサーリンク

この記事が気に入ったら
フォローしよう

最新情報をお届けします

Twitterでフォローしよう

おすすめの記事