外構をケチって二重の出費。外構プランを見直して予算内に収める方法

家の外回りがきれいだと人に与える印象もかなり違ったものになります。

家を建てる時、家の内装や設備、間取りなどに気を取られてしまいがちですが、外構お家の一部です。

外から一番見られる部分であるため、おしゃれな外構にしたいと思いますが、外構工事は建物とは別に契約していることがほとんど。

大まかな金額しか決まっておらず、あれもこれも付けるとあっという間に予算オーバーになってしまいます。

りす男
外構は人に見られるから重要だよな。
ふくろう君
今回はフェンスの設置をケチって後悔したお家です。

外構の打ち合わせで庭のフェンスが予算オーバー

うさ子
庭のフェンスが予算オーバでした。

外構の打ち合わせ時に、希望するフェンスがあったのですが、予算をはるかに超える金額を提示されました。

泣く泣く諦め、1番安いフェンスに決定したのですが、このフェンス、外からの目隠しの目的で設置したのに、目隠しになっていません。

家を建てる時、あれもこれも付けようと思うと余裕で予算オーバーで、内装ばかりに予算を使ってしまいがちです。

とりあえず自分達で目隠しになるウッドフェンスをDIYで作りました。

妥協も大事ですが、外構は特に最初にしかできない工事などもあるので、よく考え、業者さんと相談してください。

このように外構をケチると二重の出費になる可能性があるかもしれません。

りす男
庭が丸見えは困るよな。

DIYで安く済ませたウッドフェンスはコスパが悪い

DIYで設置したウッドフェンス
うさ子
木の部分がDIYで設置したウッドフェンスです。

DIYでフェンスを設置しようとするとウッドフェンスが一番手軽に行えます。

頑張って設置したウッドフェンスですが、そんなに目隠しにはなりませんでした。

それにウッドフェンスは木なので、耐久性がそんなにありません。

雨風にさらされ、木が腐ると設置しなおさなければならなくなり、長くはもたないので長い目で見るとコスパが悪いです。

こんなことなら最初から外構工事を見直して予算の算出をし直せば良かったと思います。

そもそも家を建てる時、「外構工事」はなぜ別契約なのか?

家を建てるとき、外構工事は別契約することがほとんどです。

家を建てるハウスメーカーや工務店は家を建てる専門家であって、家以外の工事は専門ではありません

ハウスメーカーや工務店は工事の受注はしますが、外構の工事は外構専門会社に依頼したり、契約会社に丸投げしていることも多いです。

外構は家を建てるのとは全く違う知識必要なので外構業者にお任せするという形をとっています。

このような事から家の建設費用とは別で契約します。

別で契約するから金額や工事内容も大まかな内容しか書かれていないことも多く、追加費用がかかることもあります。

家を建てる時の外構工事は2択

  • 家を建てる時に一緒に頼む
  • 外構業者を自分で探す

新築の外構工事は2択です。

家を建てるハウスメーカーや工務店にまとめて依頼するケースと自分で外構の業者を探すケースがあります。

家を建てた業者(ハウスメーカーや工務店)にお任せする場合

家を建てた業者に外構プランを練ってもらうプランです。

実際には家を建てた業者が提携している外構業者に依頼する形になります。

メリット

メリット
  • 打ち合わせが家を建てた業者と同じだから楽
  • 家の引き渡しがスムーズ
  • 外構工事の費用をローンと一緒に組める
  • ハウスメーカーなどでは保証が長いこともある

1つは家を建てる時に外構工事をハウスメーカーや工務店を通して頼む方法です。

家の打ち合わせと一緒に打ち合わせができてっというメリットがあります。

この方が家のローンと外構工事の費用も一緒に住宅ローンに組み込むことができるので手間いらずです。

外構業者を探す手間も省け、引き渡しの時、外構工事も終わっているため、スムーズに入居できます。

また、大手ハウスメーカーによっては外構工事の保証が長いこともあり、外構でトラブルがあっても連絡がつきやすいです。

例えば、小さなトラブルで、駐車場のコンクリートにひびが入ったとしてもすぐに直してくれるなどアフターフォローがしっかりしています。

デメリット

デメリット
  • 費用が高くなりがち
  • 高い割にデザインがいまいち
  • 細かな詳細がないこともある
  • 業者を自分で選べない

家を建てたハウスメーカーや工務店で外構工事も一緒にやってもらうと外構費用が高くなりがちです。

それはハウスメーカーや工務店などの業者から紹介してもらう形なので仲介手数料が上乗せされているので工事費用が少し高い傾向にあります。

外構デザインや工事の質は家を建てた業者次第ですが、デザインが万人受けするような平凡なものが多く、高い割におしゃれさに欠けることもあります。

また、外構のトラブルがあった時、家を建てた業者によっては保証が短かったり、なかったりとフタを開けなければ分からない部分もあります。

家を建てた業者に外構工事を依頼すると、家を建てる業者は選べるのに、外構業者を自分で選べないっといったデメリットがあります。

外構業者を自分で探す

もう1つは、家は建てるハウスメーカーや、工務店とは別に外構業者を自分で探して依頼するプランです。

新築でも外構工事は家を建てた業者とは別の業者に依頼することが可能です。

メリット

メリット
  • 費用とプランを自分で考えられる
  • 自分で外構業者を選べる
  • デザインもカスタマイズ可能

家を建てる業者とは違う業者に依頼することで外構費用によって業者を選択することが可能です。

外構業者は得意な外構プランが業者によって違うので無料一括見積もりサイトで費用とプランを比較検討することができます。

家の打ち合わせの時に気に入ったデザインがない、また、外構費用をもう少し抑えたいなどの要望など、詳細を打ち合わせることができます。

外構工事はその業者の腕とセンス次第で仕上がりに差ができるので自分でプラン、費用、業者、保証などが全て選べるのがメリットです。

デメリット

メリット
  • 自分で業者を探さなければならない
  • 工事費用は家のローンとは別
  • 打ち合わせの手間が増える
  • 工期が長くなる

外構業者を自分で探すのは一括見積請求ができるサイトがあるので業者選びは比較的簡単です。

しかし、工事費用が高額になる場合、家のローンとは別に新たにローンを組まなければならなくなります。

また、家を建てた業者とはまったく関わりがない業者を選ぶので外構の打ち合わせの手間も増えます。

外構の工事は家が建った後に入ることになるので家の引き渡しに遅れが生じ、外構の工期も長くなります。

自分で外構業者を選べるメリットがありますが、プラン・費用・打ち合わせなどの手間が増え、時間がかかるのがデメリットです。

外構工事は自分の要望をはっきり伝えることが大事

先にも述べたようにハウスメーカーや工務店や外構工事は専門外です。

工事の請負はするが、実際の工事は別会社に委託することになる場合が多いので、その仲介料として外構費用が高くなる傾向があります。

さらに、これはお家を建てる担当者にもよりますが、担当者が外構に関して知識が乏しいことがあります。

大手を振って、門の位置やアプローチの仕様など、素材などを積極的に提案してくれる担当者なら良いのですが、外構は別会社に頼まなければならな程、専門知識が必要な工事です。

デザインや機能、何を重視するかによっても外構の仕様は異なります。

スーパーに置いてある魚より、魚屋の方が魚はやはりおいしいですよね。

それと同じで、外構工事が得意なハウスメーカーや工務店はもちろんいます。

しかし、プランや費用など、自分の要望を満たしてくれそうな外構業者を選べるなら選び、自分の要望が満たされる外構がどんなものなのか、把握しておくのも重要です。

外構工事の費用を抑えるためにしておきたいこと

家を建てるハウスメーカーや工務店の見積もりしかもらっていない場合、正直それで納得するのはもったいないです。

外構工事は委託会社に任せてしまうと、工事内容をハウスメーカーや工務店が把握していないこともあります。

また契約していた工事費用より高くなることもあります。

ハウスメーカーや工務店の外構工事の料金が安いからと言って安心しないでください。

この場合、工事内容が雑だったり、材料をケチってたり、外構が残念な仕上がりになってしまう場合もあります。

外構工事はケチろうと思えばいくらだってごまかせるんです。

外構工事のプランに納得できるかどうかがカギ

外観がきれいなおしゃれな外構

ハウスメーカーや工務店の外構プランは工事費用が高いです。

もし外構工事が高くて悩んでいるならしっかりした外構工事のプロにプランを提案してもらうのも手です。

外構工事は専門的な知識と技術が必要です。

外構には色んな種類のエクステリアがあるので、提案する業者によって、外構プランが大きく違ってきます。

エクステリアも種類が豊富で自分で調べるより提案してもらった方が早いです。

業者によっても知識や技術、プランの提案力の差はあるので、比べてみる価値があります。

フェンスを立てる費用がなくて結局高くつくDIYで済ましてしまうなんてこともなかったかもしれません。

工事内容がよくわらかなかったり、デザインがいまいち、本当にこの料金は妥当なのかと疑問に思ったらプランやアイデアを調べるために無料一括見積請求サイトを使ってみてください。

タウンライフリフォームなら外観パース図など、プランの詳細を具体的に提案してくれるので理想の外構プランが見つかるかもしれません。

りす男
怪しいサイトじゃないよな。
りす男
コラー。
スポンサーリンク

この記事が気に入ったら
フォローしよう

最新情報をお届けします

家づくりの知識
おすすめの記事