BIUJYONは黒いマットなランプシェードに真鍮のソケットが高みえするレトロなペンダントライト

ブラックランプシェード(傘)のペンダントライトは色んなものをみかけます。

全体が真っ黒なものも良いですが、少しアクセントがあった方がライトに照らされて高級にみえることがあります。

今回は黒いマットなランプシェードにソケットの部分が真鍮になっているペンダントライトのご紹介です。

ふくろう君
リビングにペンダントライトを設置したお家です。
りす男
真鍮は金色でゴージャスに見えるから素敵だな。

真鍮のソケットが高みえするBIUJYONのペンダントライトをリビングで点灯

BIUJYONのペンダントライト2灯をアンティークレトロ感が漂う雰囲気に点灯
うさ子
リビングの照明用に購入しました!
りす男
小さい?けど、それが良い。

BIUJYON2個セットのダクトレール用バージョンを買いました。

配線に気を付けながら、ダクトレールに100均の造花・グリーンなどを絡ませてカフェみたいにして使用しています。

小ぶりなので複数灯吊るすと雰囲気が良く、あれこれ製品を選ばずに一気におしゃれにできるので本当に簡単です。

特別な資格なしにワンタッチで簡単に付け替え施工ができるのでお勧めです。

ペンダントライトは明かりの重心が低いのでより安定した安心感が得られます。

なので、リラックスしたいお部屋には吊り下げ式の照明が良いと感じました。

BIUJYONのペンダントライトのスペック

BIUJYONのペンダントライト
材質真鍮/銅
サイズ約直径220mm x高さ135mm 
コード長さ(約):1100mm
重さ500g
取り付け方法ダクトレール式
対応電球E26電球
照明範囲1.5畳~2畳

艶消しマットなブラックのランプシェードが真鍮のソケットを際立てる

ランプシェードは艶がなく、マットな黒色の重厚感がある塗装がされています。

昔ながらのレトロ感がるペンダントライトですが、黒いランプシェードが全体を引き締めながらも、金色に光る真鍮のソケットがアクセントなり、空間を引き立ててくれます。

レトロアンティーク感があるペンダントライトで、落ち着いたシックな雰囲気がどんなテイストなお部屋にも合わせやすいです。

電球も空間づくりの重要なパーツとして選ぶ楽しみもある

BIUJYONのペンダントライト2灯をアンティークレトロ感が漂う雰囲気に消灯
消灯時のBIUJYONのペンダントライト

電球がむき出しなペンダントライトなので、まぶしさが苦手な人はホワイト電球で間接照明を楽しんでみてください。

また、電球のまぶしさが苦手ではない人はエジソン電球(フィラメント電球)などにすると消灯時も楽しめます。

電球は付属していないのでお財布のことと使用感も考えて色温度・照度変更可能なLED電球にするなり使用用途に合わせて電球を選ぶと良いです。

うさ子
間接光にするならホワイト電球ですよ。
りす男
ホワイト電球は光がやさしいよな。

3パターンで販売されているから用途に合わせやすい

  • ダクトレール用 1灯
  • ダクトレール用 2灯
  • 引っ掛けシーリング用 1灯

このようなペンダントライトは1灯で設置したりもしますが、ダクトレールに複数灯飾るようなスタイルも好まれます。

BIUJYONのペンダントライトは1灯単位でも販売されていますが、2灯セットになったものもあるのでセット価格で安く買うこともできます。

りす男
ペンダントライトは複数灯設置することが多いから助かるなー。
ふくろう君
ダクトレールも忘れずに!

ダクトレール用 1灯

ダクトレール用1灯です。

1灯あたりおよそ2,000円で購入することができます。

ダクトレール用 2灯

ダクトレール用2灯セットです。

1灯あたりおよそ1,700円ほどで購入することができます。

複数灯設置することが前提のダクトレール用なのでセットで安くなるのは助かります。

引っ掛け式シーリング用 1灯

引っ掛けシーリング用もあります。

1灯で照らすには少々照明範囲が狭いですが、玄関やトイレなど狭い空間に設置するのに都合が良いですね。

BIUJYONは似たような商品が販売されているので比較・検討の余地あり

BIUJYONのペンダントライトは中国製のもので買うとしたらAmazonでお安く手に入ります。

このようなペンダントライトは似たようなモデルで同じ価格帯で販売されているのでどの商品を買うかは口コミを参考にして後悔のないお買い物をしてください。

中にはハズレだったっという口コミもありますが、BIUJYONのペンダントライトは2年保証なので安心です。

りす男
保証が長いと安心だな。
買い物はネットショッピング
ポイントがもらえるからお得!

スポンサーリンク

この記事が気に入ったら
フォローしよう

最新情報をお届けします

家づくりの知識
おすすめの記事