分離型のトイレの特徴。トータル的に安心でき、選択肢が多いのがメリット

トイレは毎日使う場所なので、突然の故障などがあるとアタフタしてしまうこともあると思います。

一番困るのが、水が流れなくなる事です。

そんな時でも各パーツが分離できる分離型トイレは価格と修理費用共に安心できるトイレです。

りす男
トイレにも安心は必要だよな。
ふくろう君
今回は分離型トイレをリサーチしました。

分離型(組み合わせ)トイレとは

トイレは大きく分けて「便器」「便座」「タンク」の3つのパーツがあります。

これが基本の形で、分離型のトイレとはすべてのパーツが別売りで、それを組み合わせて使うタイプです。

なので分離型トイレと呼んだり、組み合わせトイレと呼ばれています。

従来からあるトイレの形式ですが、現在でも広く普及しているモデルでです。

スポンサーリンク

分離型のトイレの特徴

  • メンテナスが楽
  • 色んな機能を組み合わせられる
  • 価格が安い
  • 気分次第で変えられる

メンテナンスが楽

分離型のトイレの他にも一体型トイレというものもありますが、一体型トイレは各パーツが連動しているので、故障した個所が1か所でもすべてのパーツを交換しなければならないというデメリットがあります。

一方、分離型のトイレは各パーツがそれぞれ独立しているので、故障した時の修理が安いです。

また、故障時でも自分で取り替えられたりする場合も多いです。

パーツごとに修理できるので費用が安く済む他、他メーカーの物でも代用が利くので何かと融通が利きます。

色んな機能が組み合わせられる

トイレのパーツの組み合わせを自分でカスタマイズできるので、オリジナルトイレを作ることができます。

欲しい機能は取り入れて、無駄な機能は取り入れずに済むので無駄を省きやすいです。

絶対取り入れたい機能やトイレのデザインにこだわりたい場合でも、他のパーツを組み合わせられるので自由度が高いです。

りす男
オリジナルトイレ作ってみる?
ふくろう君
人目にはあまり触れて欲しくない場所ですけど・・・。

価格が安い

分離型トイレは最も普及しているトイレで、トイレの中で価格が一番安いです。

便利な機能を求めず、最低限の機能を備えた物で良い場合、一番コストを抑えられます。

ふくろう君
リフォームに最適ですね。

気軽に変えられる

やっぱりあの機能が欲しかった。

デザイン的に気に食わなくなってきた。

汚れが付きやすくなったから取り替えたい。

などなど、費用かかりますが、一体型トイレほどではないので、気軽に変えることもできます。

スポンサーリンク

分離型トイレのデメリット

  • 掃除がしにくい
  • 節水能力が弱い
  • タンク式なので連続で水を流せない
  • スマートさにかける
  • カスタマイズする必要がある

掃除がしにくい

低価格が魅力の分離型トイレですが、デメリットは掃除のしにくさです。

各パーツが独立しているので、見た目が若干凸凹しており、すき間に汚れが入り込みやすいです。

現代では凸凹が少なくなったフラットな分離型トイレもあるので、お手入れに関してはそれほど気にする必要は少なくなっては来ていますが、パーツ次第です。

節水能力が低い

分離型トイレにも節水タイプはありますが、一体型トイレ程ではなく節水能力が低いです。

家族が多いと、水を流す量も半端ではないので、水道代が気になるなら、トイレのグレードを上げて節水タイプの分離式を選ぶと良いです。

節水にこだわるのなら、手洗い場をタンクの上に設置しているパーツを選ぶのも手です。

タンク式なので連続で水を流せない

一体型と分離型トイレはタンクに水をためて流す方式をとっています。

タンク式トイレは、タンクに水が溜まるまでは流すことができないので、連続してトイレの水を流すことができません。

再度流す場合でも節水力が低いので、ある程度の水が溜まるまでの時間がかかります。

水が溜まるまで待たなくてはならず、ストレスが溜まる可能性もあります。

スマートさに欠ける

組み合わせトイレはパーツに一体感がないので、スマートさに欠けます。

見た目がどうしても凹凸のある印象でスッキリしません。

それに、従来のトイレっというイメージも高く、見た目的に古い感じがします。

カスタマイズが大変

分離型トイレは、各メーカーがパーツごとにたくさんの種類を出しています。

トイレを自分好みにカスタマイズできるのはメリットですが、トイレの機能は、あると便利だけど、なくてもいける。

そんな機能もあったりします。

トイレだから贅沢はできないな。」っと考えるか、「毎日使う場所だから色んな機能があった方が良い。」っという考え方次第です。。

それほどこだわりがなければ、購入するお店やリフォーム業者が提示している組み合わせが一番無難です。

もし、気に入らない部分があればそこだけパーツを選び直せば済む事ですが、探せば探すほど色んなトイレが出てくるのでトイレのカスタマイズで悩むこともあるかもしれません。

そんな時は複数の業者に一括見積請求できるサイトを利用するのがおすすめです。

業者はどんなものが売れているのか、どんな製品があるのか熟知しているので、最適な提案をしてくれます。

おおよその値段を知るためにも見積もりは取っておいた方が良いです。

≫≫無料オンライン一括見積サイト【タウンライフリフォーム】はコチラ≪≪

りす男
こだわるほど費用も増えるしな。

トータル的に安心できる、それが分離型トイレ

トイレの推奨使用年月はおよそ10年です。

それ以上使用し続けると内部の機器や配線などが傷む可能性があり、電気の使用量が多くなったり水の量が減ってきたりと不具合が生じる可能性もあります

分離型トイレはもともとの費用が安いだけでなく、故障個所だけ修理、交換できるといったメリットがあります。

トイレはそうそう交換するものではないですが、故障した時に対処しやすいので費用面を考えるともっとも安心するトイレだと思います。

スポンサーリンク

この記事が気に入ったら
フォローしよう

最新情報をお届けします

Twitterでフォローしよう

おすすめの記事