キューブのクリアガラスがダイヤモンドのようなSirpa(シルパ) ペンダントライト

ガラスの照明器具は、ガラスの透明度や、ガラスの模様によっても陰影が違うので面白味があります。

特に、ペンダントライトはお部屋のアクセントとなる存在なので、クリスタルのように透き通るガラスのランプシェードは眺めているだけでも心が躍ります。

りす男
ガラスのペンダントライトって人気だよな。
ふくろう君
このブログでも多数、紹介していますね。

クリアガラスがおしゃれなキューブのペンダントライト

ガラスキューブのペンダントライト、Sirpa
うさ子
トイレのペンダントライトです。
りす男
トイレにペンダントライトって意外と多いな。

トイレをおしゃれで落ち着く空間にしたいと思い購入しました。

狭い空間なのでサイズ感にこだわり、大きすぎず、小さすぎずな15cm程度のこちらを選びました。

グレー×ホワイトを貴重としたトイレなのでシルバー×ブラックなカラーもぴったりです。

また、ガラスのカバーが波打ったりしているので陰影も単調ではなく、見ていて癒されます。

スポンサーリンク

消して点けても様になるフォルムが特徴的

シルパはガラスのランプシェードで作られています。

ガラスはクリアガラスで、波打つようなガラス面をしており、中の電球が見える仕様です。

消灯している時は、キューブ型のランプシェードがクリスタルのように輝いて、よりキューブが美しく見えるように作られています。

点灯時は光が壁に当たるとキューブの角が陰影として壁に映し出され、雰囲気が良いです。

よりこのペンダントライトを楽しむのなら、中の電球をエジソン電球に変えてみても面白いかもしれません。

うさ子
電球の色でも雰囲気は変わります。
スポンサーリンク

取り付け時のポイント

  • 付属電球はLED電球ではないので注意
  • コードの長さは調節できないが加工可能
  • スイッチはないので後付けが必要になることも

付属電球はLED電球ではないので注意

付属の電球はE17の40Wミニクリプトン電球です。

40Wは、およそ1畳ほどのスペースを照らす明かりなので、トイレという比較的狭いスペースには1つあれば十分な明かりです。

付属の電球はLED電球ではないので、長時間点灯しているとランプが熱くなります。

ダイニングなどで、長時間つけるような場所には複数個設置しなければならないので、その場合はLED電球に交換した方が良いかもしれません。

りす男
スイッチのオン・オフで寿命も短くならないから安心だぞ。

コードの長さは調節できないが加工可能

シルパのコードの長さは60㎝です。

ペンダントライトはソケットのカップの部分にコードを隠せるものもありますが、そのような仕様にはなっていません。

もしコードが長そうなら無償でコードの長さを調節してくれるそうなので、注文時に確認してください。(ショップによって違い有り)

りす男
よ、太っ腹。

スイッチはないので後付けが必要になることも

スイッチはペンダントライトについていないので、壁のスイッチで操作する必要があります。

なので賃貸で壁にスイッチがないお家には取り付けは厳しいです。

どうしても取り付けたい人は後付けで、ペンダントライトに取り付けられるリモコンが販売されているので取り付けると良さそうです。

ガラスキューブのペンダントライトは人気が高い

ガラスキューブのライトは透き通るクリスタルのような姿が人気です。

ガラスキューブのペンダントライトには似たようなものは存在しますが、シルパのようにガラスキューブの角が中心になっている物は多くないので在庫確認必須です。

在庫切れの場合で、今すぐに欲しい場合は似たようなものは「 クアドラト 」っというペンダントライトがありました。

ペンダントライトを何個設置するのかでも費用は変わってくるので、設置場所や個数などをキチンと把握して設置してみてください。

りす男
このブログでもガラスのライトは多数紹介しているぞ。
スポンサーリンク

この記事が気に入ったら
フォローしよう

最新情報をお届けします

Twitterでフォローしよう

おすすめの記事