みんなの家情報
ペニンシュラキッチンは色んなキッチンと比較されやすい。結局落ち着くのはI型?

キッチンの使い勝手はレイアウトも大事ですが、キッチンそのものの形をどうするのか悩みがちです。

ペニンシュラキッチンはアイランドキッチンと似たような機能を持っていて、I型キッチンと同じようなレイアウトになります。

アイランドキッチンよりも省スペースで済むのが特徴で、I型キッチンよりお料理のお手伝いがしやすいキッチンです。

ふくろう君
今回はペニシュラキッチンに焦点を当ててみました。
りす男
キッチン1つでも呼び方は色々あるのね。

ペニンシュラキッチンとは

ペニンシュラキッチンのペニンシュラ(peninsula)とは、英語で「半島」を意味します。

キッチン部分が半島のように突き出ていることから、ペニンシュラキッチンと呼ばれています。

ペニンシュラキッチンと似たような形にアイランドキッチンがありますが、アイランドキッチンは四方向が壁に面していません。

対して、ペニンシュラキッチンはキッチンの正面に向かって左右のどちらかが壁に面しているのが特徴です。

りす男
英語嫌いです。
ふくろう君
頑張って。
スポンサーリンク

ペニンシュラキッチンの特徴

  • コミュニケーションがとりやすい
  • スペースがなくても設置できる
  • 解放感がある

コミュニケーションがとりやすい

ペニンシュラキッチンは対面キッチンとなるので、お料理の最中でも家族とのコミュニケーションがとりやすいです。

室内も良く見渡せるので、小さい子供がいるご家庭でも子供から目を離さずにいられます。

また、知人などを招待した時でもお料理の最中、会話をしながらお相手ができるので、ホームパーティなど、ワイワイし言いながら調理できます。

りす男
今や対面キッチンは主流だからな。

スペースがなくても設置できる

アイランドキッチンでは、四方を壁から離してキッチンを設置しなければならないので、キッチンを置くスペースを多くとる必要がありました。

しかし、ペニンシュラキッチンは壁付にすることにより、アイランドキッチンよりキッチンスペースを多くとらなくて済みます。

更に、ペニンシュラキッチンの前や横にダイニングテーブルなどを設置するとスペースをさらに節約することができます。

アイランドキッチンを置きたくてもスペースに無理がある場合、このペニンシュラキッチンを置くと良いです。

解放感がある

ペニンシュラキッチンの真上には棚などは設置しない形なので、壁などの圧迫感がなく、空間に解放感があります。

キッチンはキッチンという境目を感じにくく、ダイニングやリビングと一体感も出て、空間が広く感じます。

スポンサーリンク

ペニシュラキッチンのデメリット

  • 換気の効率を考える必要がある
  • 汚れやすい
  • 値段が高い
  • 収納スペースの確保が必要

換気の効率を考える必要がある

ペニンシュラキッチンは壁が1辺しかないので、煙やお料理の匂いが室内に充満しやすいです。

油よごれなども煙に混ざって室内に広がるので、高性能な換気扇を使ったり、空気を効率よく循環させるために窓の位置や換気口の設置に工夫が必要です。

汚れやすい

キッチンの前面は壁がないため、水はねや油汚れなどで室内が汚れやすいです。

シンクやコンロの前には汚れ防止のボードなどを設置しておくと室内の汚れもある程度防止できます。

汚れ防止ガードは汚れやすいので、洗えて何度も使いまわせるもの、また、クリアな素材の物を選べば部屋の雰囲気も損なわずに経済的です。

ふくろう君
出したり収納したりできるので便利です。
りす男
ペニシュラキッチンにした人なら見栄えは気にするよな。

値段が高い

どの形のキッチンも壁に面していないと部材などが多く必要になり、値段が高くなりがちです

また、換気扇なども高性能な換気扇を選んだ場合、更に費用がかかることになります。

収納スペースの確保が必要

ペニンシュラキッチンは、キッチンの上部に収納スペースをがないので、それを補う収納スペースが必要です。

キッチンの向かい側の壁に冷蔵庫や家電や食器棚を置く事になるので、それを納めるスペースを作っておかなければなりません。

特に冷蔵庫の位置は家事動線の短縮につながるのであらかじめ決めておいた方が良いです。

また、壁付の収納スペースを作る際は、コンセントを忘れずに設置しておくと配線で困ったりしません。

ふくろう君
後で買い足すより、備え付けの方がスペースの節約になります。
りす男
専用サイズだから無駄がないよな。

ペニンシュラキッチンはI型キッチンと似ているようで違う

ペニンシュラキッチンはアイランドキッチンと似たような共通点があります。

しかし、ペニンシュラキッチンの方がキッチンのスペースを縮小できるので、日本のようにあまり土地が広くない家にはよく採用されています。

アイランドキッチンのように広いスペースが必要なく、デメリットをうまくカバーしています。

そこでふと思ったのですが、ペニシュラキッチンはI型キッチンと同じような形になりやすいです。

どこが境目なのかというと、キッチンの前やレンジフードの前でも壁を作ってしまうとどうやらI型キッチンになるようです。

どんなに低くても壁づけにしたらそれI型キッチンですよ。

ふくろう君
使い勝手の方が重要なので自然とI型キッチンが多くなるようですね。
りす男
かっこ良いからペニンシュラキッチンって言っちゃおうぜ。
ふくろう君
英語嫌いじゃ・・・。

スポンサーリンク

この記事が気に入ったら
フォローしよう

最新情報をお届けします

Twitterでフォローしよう

おすすめの記事