10年目の外壁の塗替えの案内がハウスメーカーから来た時にする事と意外な盲点

家を建てて10年経つと、家のメンテナンスで外壁のメンテナンスとして、外壁の塗り替えの時期がやってきます。

外壁の塗装は、塗料にもよりますが、10年に1度はメンテナンスが必要です。

家を建てたハウスメーカーから外壁の再塗装の案内が来て、初めて外壁の塗り替えの必要性に気づく人も多いのだとか。

外壁の塗り替えは、絶対にハウスメーカーで塗装しなければならないわけではありません。

外壁を再塗装すると、まるで見違えるような外壁になり、新しく生まれ変わった我が家に住んでいるような気分にもなります。

ふくろう君
今回は、外壁の塗り替え時の体験談です。
りす男
気持ちよく過ごすために気持ちよく外壁塗装をしたいもんだな。

ハウスメーカーの外壁の保証が来た時

うさ子
新築に住んで10年になる頃、ハウスメーカーから外壁の塗替えのことが書かれた封筒が来ました。

その内容は、10年のメーカー保証がもうすぐ切れます。

続けて10年のメーカー保証をつけたい場合、外壁の塗替えをハウスメーカーに依頼すれば、継続できる。

っという内容でした。

スポンサーリンク

塗り替えの案内が来た時にする事

  • ハウスメーカー経由で見積をとる
  • 他者との相見積もりをする

ハウスメーカー経由で見積もりをとる

うさ子
そこで、私はハウスメーカーと他者で見積をとりました。

外壁の塗替えなんて、10年でするものとは思ってもいなかったので、ハウスメーカーからまず見積もりを取りました。

ハウスメーカーの見積もりと言っても、外壁の塗装の塗り替えは実際には、ハウスメーカーの下請け業者がやることも多いです。

他社と相見積もりをする

ハウスメーカー以外にも、他社との相見積もりもしました。

結局、他社が高かったこと、同じような色がなかったので、ハウスメーカーに依頼しました。

スポンサーリンク

塗料の種類を選ぶ

外壁の塗料の種類は代表的なものに、、アクリル、ウレタン、シリコン、フッ素があります。

耐用年数価格
アクリル5~7年1,400~/㎡
ウレタン7~10年1,800~/㎡
シリコン10~15年2,300~/㎡
フッ素15~20年3,500~/㎡
外壁塗料の主な種類と価格

アクリル系塗料

一番価格が安い塗料ですが、紫外線に弱く耐久性に問題があるので、一般的にはあまり使われない塗料です。

ウレタン

ウレタン系塗料は、主にベランダの防水塗装として使われます。

塗膜がはがれにくく、価格も比較的安いからです。

シリコン

耐用年数が高く、価格と性能のバランスから現代の外壁塗装で、一番選ばれる塗料です。

耐水、耐候、耐汚といった機能を兼ね備えています。

うさ子
我が家は、グレードアップしたシリコン系塗料を選びました。

フッ素

耐久性はありますが、価格が高く、ひび割れなどが起きやすいので、一般住宅より公共施設などに使われることが多い塗料です。

外壁の塗料はこれ以外にも様々な塗料が開発されているので、塗り替えをする業者に相談して決めると後悔しません。

うさ子
自分で調べてもやっぱり限界があるので。
りす男
こんなブログより専門業者の方が詳しいに決まってるしな。
うさ子
こんなって・・・。(泣)

10年後に同じ色があるとは限らないので注意

なるべく今の色と変化をつけたくなかったのですが、10年も経つと同じ色は廃盤になっていました。

なので、色のサンプルを壁に置いて、遠くから見て、同系色のものを選びました。

塗装する時の盲点は「足場」だった

ただ、一番の盲点は、外壁の塗替えをする際に、足場を組むのですが、我が家の場合、駐車場にも足場がくるので、車をどけないといけません。

足場は、2週間ほど組み立てたままになりますし、雨が長引けばその分期間も長くなります。

塗装の間その車をどこに停めておこうかかなり悩みました。

うさ子
最悪近くの空き駐車場に借りることになるかもと思っていました。

結局は、空き地の土地主さんに連絡をとって、しばらく置かせておけないかと相談して、夜と週末だけ(昼間は主人が通勤で使っています。)お借りすることになりました。

外壁の塗装をお願いする時に、車が邪魔になりそうなときは、車の保管場所も考えておいてください。

塗装後の感想

なんとか10年目の外壁の塗替えは終わり、今はほっとしています。

住んでいても実感はまだ出来ていませんが、なんとなく、汚れにくくなったなとか、多少は、熱を遮断してくれていると感じます。

うさ子
なんとなくですけど。

心良い土地主さんのおかげで、我が家の塗装時の難問解決できましたが、外壁塗装は、お隣にも気を遣います。

車のことまで考えていなかったので、依頼する前にその辺も考えておいた方がいいと思います。

ハウスメーカー経由で依頼したので、とても丁寧に作業して頂いて、クラックと呼ばれるヒビも綺麗に修正して頂けました。

また新しい我が家(外壁だけですが)になり、メーカー保証も10年延長することができました。

満足する外壁塗装を探すなら一括見積もあり

外壁塗装の見積もりはネットから簡単にできますが、保証内容や塗装業者の技術力、価格面でも比較するところはたくさんあります。

探せば安い塗料、安い塗装業者はたくさんありますが、自分の希望通りの塗料や塗装をしてくれるのか、塗装後のアフターフォローなども考慮する必要があります。

ハウスメーカーが紹介する業者は、変な業者を紹介されず保証もアフターフォローも安心なのですが、仲介っという形で手数料が上乗せされるため施工料金が高めです。

塗料もメーカー指定のもので仕上げるので、仕上がりは一定ですが、それ以上はありません。

現代では、ハウスメーカーが取り扱っている外壁塗装の塗料以外にも機能的な塗料が販売されています。

外壁は頻繁に塗り替えるものではないので、もっと長持ち、もっとメンテナンスが楽で見栄えが良い塗料を選ぶ事でメンテナンス周期を長くすることができ、費用を抑えることも可能です。

りす男
外壁のメンテナンス費用は高いから少しでも安くしたいな。

外壁塗装で悩んだら専門家に相談することで不安を解消

外壁塗装は専門的な技術と知識が必要なので素人目では分からないことだらけです。

知識がないので言われた通りに動くしかないと思いがちですが、そういった場合は、複数の業者に一括見積できるサイトを利用することをおすすめします。

外壁塗装の見積もりサイトは複数ありますが、その中でも日本で唯一、建築士が運営する外壁塗装一括見積サイト【外壁塗装パートナーズ】がおすすめです。

外壁塗装の業界では、『販売会社』が契約をとったあと、別の『施工会社』に工事を外注する形が一般的です。

しかし、外壁塗装パートナーズでは、お客様に紹介する業者を「販売・施工・アフターまで一貫して行える『自社施工の会社』」に限定して見積請求をすることができます。

外注で外壁塗装を請け負っている会社の多くは、販売会社からの紹介料がとられるので、安い賃金で仕事を請け負いがちです。

来た仕事を数こなさなくては利益にならないので、仕事が雑になったり、知識もノウハウも身についていないことも多いです。

もちろん、全ての会社がそうではないのですが、そういった会社が自分の家の外壁の塗り替えに絶対に当たらないっという保証はありません。

その点、外壁塗装パートナーズは外壁の塗り替えによる全ての施工を一貫して自社施工し、外壁に関する知識やアフターフォローを1つの会社が責任をもって行うので安心です。

技術が高い業者が登録されているにもかかわらず、販売会社が間に入らないので紹介料がかからず、料金も安い傾向にあります。

外壁だけじゃなく屋根塗装の相談しておくと安心

見積もりは簡単で、【外壁塗装パートナーズ】 に登録(氏名・住所など)後、外壁に関する悩みを電話でヒアリングしてくれます。

自分の家に合った優良業者を最大3社紹介してくれ、利用料も無料です。

外壁は頻繁に塗り替えるものではないですが、施工する範囲が大きいので費用が高くなりがちで、業者の腕次第でも耐用年数は変わってくるので慎重に選びたいところ。

確かな技術と知識、親身に相談に乗ってくれる塗装業者をみつけることは重要です。

満足のいく外壁塗装をするためにも、適正価格を知るための手段として見積もりをしておいても損はないと思います。

また、【外壁塗装パートナーズ】 では屋根塗装にも対応しています。

外壁は目に見えるので注意も向きますが、屋根は雨漏りなどがしない限り、気にならないことも多いです。

しかし、家のリフォームでトラブルが多いのは外壁と屋根がダントツなので、屋根の相談もしておくと思わぬトラブルに巻き込まれることもなくなるのではないでしょうか。

りす男
外壁塗装は多くても屋根塗装はあまり聞かないしな。
ふくろう君
リフォームは業者の選定と費用とのかけひきが大切です。

スポンサーリンク

この記事が気に入ったら
フォローしよう

最新情報をお届けします

Twitterでフォローしよう

おすすめの記事