みんなの家情報
ダイニングに裸電球のペンダントライトは相性が良い。これがあるだけで食卓が華やぐ

ダイニングテーブルの照明をペンダントライトにすると、空間のおしゃれ度がアップします。

ペンダントライトを選ぶ時は、大きさや、シェードの形や種類、電球の色など、選ぶべき項目は多いですが、インテリアとしてペンダントライトは一役買います。

特に裸電球(エジソン電球)を選ぶと、レトロな雰囲気になり、小さくてかわいいその姿が食卓に華を添えるといっても過言ではないでしょう。

ふくろう君
今回は、オーデリックの裸電球のペンダントライトです。
りす男
きたー、オーデリック。

ダイニング上にオーデリックの裸電球のペンダントライト

うさ子
ダイニングテーブル上でオーデリックのペンダントライトを使用しています。

へーベルハウスで家を建てる際にオプションで購入しました。

電球の上部にホコリが少したまりやすいですが、ハンディモップなどで拭き取ればすぐに綺麗になるのでさほど気になりません。

これがあるだけでダイニングがおしゃれに見えるのでとても気に入っています。

りす男
確かに、おしゃれだな。
スポンサーリンク

ペンダントライトとは

コードやチェーンで吊り下げる照明器具の事です。

天井から垂れ下がっているので、照明がより近くに感じやすいです。

ペンダントライトには、大型のものと小型のものと、大きく分けて2種類あります。

うさ子
裸電球のペンダントライトは小型ですね。
りす男
裸電球好き。

大型ペンダントライトの特徴・メリット

1灯で広く大きく照らすものやシャンデリアのように多灯で照らすものものがあります。

シェード(照明のカバー)があり、デザインもおしゃれなものが多いので、ペンダントライトを選ぶ楽しみがあります。

大型ペンダントライトのデメリット

大型ペンダントライトのデメリットは設置する場所(空間)を広くとる必要があります。

また、大型なので大きいし、天井から垂れ下がっているので、圧迫感を感じやすいです。

ペンダントライトによっては重さがあるものがあるので、場合によっては天井の補強が必要です。

シーリングライトと比べると光が隅の方まで行き届きにくく、光を遮るようなランプシェードを選ぶと天井に光が反射しないので、視覚的に部屋が暗く感じてしまいがちです。

小型ペンダントライトの特徴・メリット

ダイニングで小型のペンダントライトを使う場合は、複数のペンダントライトを使うので、照明具合を調節しやすいです。

また、レールなどをうまく使うと移動もできます。

小型のペンダントライトは、1灯あたりが小さいので、小回りがきき、見た目が可愛いです。

小型ペンダントライトのデメリット

小型のペンダントライトは1灯当たりの照らす範囲が狭いので広い場所には適していません。

また、複数灯設置することで、なんだかごちゃごちゃした印象を受けがちです。

融通が利くのは利点ですが、ダイニングテーブルの大きさによって何灯設置するのか、どのくらいのルーメン(明るさ)、設置する間隔など細かく選べるが故に悩むことも多いです。

大型のペンダントライトに比べると小型のペンダントライトは、照らす範囲が狭いので、ランプシェードがないものが多いです。

ランプシェードがない物は光が直接目に入ってくるのでグレアを感じやすくなります。

うさ子
でも裸電球(エジソン電球)は温かみあるダイニングに合います。
スポンサーリンク

裸電球(エジソンランプ)とは

裸電球とは、ランプシェードがなく、電球がむき出しになっている電球の事です。

電球が発する光を直視するので、グレア(まぶしさ)を感じやすいですが、複数灯設置することで光が重なり合い、光の陰影ができるので空間が立体的に見えます。

裸電球のフィラメント次第でよりレトロに

裸電球と言えば、白熱電球を思い浮かべますが、現在ではLED電球も販売されています。

白熱電球は発光する時に熱を帯びるので、熱を出さないLED電球がおすすめです。

そして、裸電球のフィラメント(熱を発する部分)にも様々なデザインがあります。

裸電球はシェードは選べませんが、フィラメントの形状などを選ぶとレトロな雰囲気を醸し出し、よりデザイン性を高めることができます。

りす男
レトロ好き。

裸電球の形で印象が変わる

  • ノーマルタイプ
  • ロングタイプ
  • ボールタイプ

ノーマルタイプ

ノーマルタイプはどんな空間にもマッチします。

しかし、ペンダントライトに使う場合は、ソケットが大きすぎて不格好になってしまうかもしれません。

ロングタイプ

細長いので、スタイリッシュに見えます。

電球の感覚をそれほど必要としないので、複数灯、近距離に設置してもごちゃき感を感じにくいです。

ボールタイプ

ノーマルタイプより、電球部分がが大きく、コロンとした丸い形で可愛いのが印象的です。

カフェや

存在感が大きいので、ペンダントライトの見せる照明として一役買うかもしれません。

りす男
ボールタイプ好き。

裸電球はオレンジ色が良く似合う

電球の色には大きく分けて「電球色」「昼白色」「昼光色」があります。

特に「電球色」はオレンジがかった色で、食欲が増し、ご飯をおいしく見せてくれます。

それに裸電球は光が直接目に入りやすいものなので、光の量が柔らかく、光の量が強くない「電球色」はおすすめです。

しかも、裸電球=電球色っというイメージもあるので、ダイニングにピッタリです。

しかし、「電球色」は長時間目にすると疲れやすい色なので、リビング学習など、集中力を使う作業を伴う場合もあると思うので、「昼白色」に近くオレンジがかった色を買う事をおすすめします。

りす男
電球色好き。
ふくろう君
どんぐりみたいだからじゃないですよね?

ダイニングのペンダントライトはアクセントになる

ペンダントライトは、ダイニングのアクセントになります。

ペンダントライトはダウンライトのようになるべく目立たない照明器具ではなく、見せる照明器具です。

裸電球(エジソン電球)は温かみのある色合いが合い、電球が古くから持っている能力を最大限に引き出してくれます。

ダイニングは温かみのある色が好まれるので、裸電球のペンダントライトは必然的に合う照明器具ではないでしょうか?

スポンサーリンク

この記事が気に入ったら
フォローしよう

最新情報をお届けします

Twitterでフォローしよう

おすすめの記事