みんなの家情報
燃え広がりにくい外壁モエンエクセラードの正体。火災保険料の節減や住宅の質の向上に

ニチハのモエンエクセラードは国産の木材(ウッドチップ)を練りこんだオフセットサイディングです。

高い性能を持ちながら、デザインも豊富にあります。

一般的に、凸凹とした外壁は立体感があるため高級感がありますが、モエンエクセラードは再現性が高いため、様々な表情をみせてくれます。

通りすがりの人の目にとまるようなおしゃれな外観。

耐久性やメンテナンスのことも考えられて作られています。

モエンエクセラードは耐火性も高いので、高い耐火等級があり、より高い住宅の質を求めることができます。

ふくろう君
今回は、モエンエクセラードの正体を暴いてみようと思います。
りす男
お値段も高そうだ。

モエンエクセラードを選んだ理由

うさ子
デザインの豊富さとメンテナンスの楽さで選びました。

デザインが色々選べたので、希望にあう候補も複数ありました。

その中でも明るい白さと、塗り壁のような凹凸が特徴的なものを選びました。

凹凸がありますが、汚れが付きにくいという特徴により美しさを保つことができています。

スポンサーリンク

モエンエクセラードシリーズの種類

モエンエクセラードは種類が多く、デザインが豊富で自分好みのものが見つかりやすいです。

  • i-cube
  • オペリア60シリーズ
  • オペリアシリーズ
  • ソルガードプラス
  • グランスペック60
  • Vシリーズ
  • NOHASシリーズ
  • ニューグランドールシリーズⅠ
  • モエンエクセラード16
りす男
名前もおしゃれ。
意味は分からないけど。(笑)

モエンエクセラードはマイクロガード仕様で日々のメンテナンスが楽

モエンエクセラードは色柄が多彩にあり、バリエーションが豊富な事がウリですが、その全商品に共通してついている機能が「マイクロガード」です。

ニチハの外壁、マイクロガードとは

雨水で汚れを洗い落とす、セルフクリーニング機能の事です。

空気中の水分子を取り込んで外壁表面に水の膜を作り、直接外壁が汚れるのを防ぎます。

汚れは雨水によって流されることでメンテナンスが楽に行えるようにしたものです。

スポンサーリンク

特徴は防・耐火性に優れデザイン豊富で長持ち

  • マイクロガードで汚れが付きにくく日々のメンテナンスが手軽
  • 耐久性があり長持ちすること
  • デザインが豊富で好みにあうものが見つかりやすい
  • 万一の家事の際に燃え広がりを極力遅くできる効果がある
りす男
もしかして、モエン(燃えん)?

モエンエクセラードの防・耐火性の実力

モエンエクセラードは、オフセットサイディングですが、窯業系サイディングでは世界で初めて、オーストラリアの建築ファサードの燃えひろがり試験『AS5113』に合格しました。

オフセットサイディングによる強み

木材を外壁を補強する目的として外壁材に練りこみ、成型したものです。

外壁材に木材を練りこむと、外壁が水分を含み、それが寒さで凍結した時に、凍結による水分の膨張を防ぐ効果があります。

また、成型しやすく、乾燥によって外壁が伸縮しません。

りす男
だからデザインが多いのかな?

外壁材は家を守るものなので強度も重要です。

木材よりも鉄やコンクリートなどの方が強度が高いといったイメージがありますが、曲げの強さに対しては木材の方がはるかに強度が高くなっています。

また、外壁で気になるのは耐火性。

木材は燃えやすいので、外壁に木材を使っていると耐火性が低いといったイメージがあります。

木材は確かに燃えやすいですが、燃え広がりにくい外壁です。

それは、木材が燃えた時に炭化し、炭化した木材は熱が伝わりにくく断熱材となります。

オフセットサイディングは中心まで熱を伝えにくいので、燃え広がりにくい外壁なのです。

ふくろう君
その燃え広がりの検査基準を厳格にしたのが「AS5113試験」です。
AS5113試験とは

大規模な火災事故を受けて、英国連邦が外壁の燃え広がりに関する検査基準を厳格にしたものです。

日本では外壁の機能の評価として「防耐火認定」「不燃材料認定」がありますが、この「AS5113」も評価認定として求めるべきなのではないかと言われています。

隣の家で火事が起こった時に、もらい火を受けにくく、住まいを火災から守れるように、モエンエクセラードは厳しい耐火試験を行いながら開発されました。

うさ子
そんなモエンエクセラードにも不満あります。

1枚当たりが大きくないからつなぎ目が多い

色やデザインのためなのか、モエンエクセラードシリーズは一枚当たりの大きさがそれほど大きくないです。

なので、ピッチが狭くなってしまうことが少し残念でした。

そのため大きな面であれば継ぎ目が少ないですが、小さな面を複数を並べるので、継ぎ目が多いです。

デザインによっては、つなぎ目がうまくかみ合わないこともあります。

なので、つなぎ目が多くなっても不自然にならないように確認することをおすすめします。

モエンエクセラードはデザインや色が複数あるので、外壁を選ぶ際に迷いやすいです。

明るい光の中、暗い時など、場面を変えて色の違いを確認したり、屋根の色と合わせてよく考える必要もあると思います。

施工してみるとやっぱり白色がきれい

ピッチが狭く継ぎ目が複数できることが残念ではありました。

しかし、デザインによっては気にならないものもありますので問題は少ないと思います。

何よりも、特段の手入れをしなくても白さを保って美しさが継続するということが一番嬉しいことでした。

外壁は、多くの人の目に触れるところなので、メンテナンスやおしゃれな外壁を求めるなら選んでみて損はないと思います。

モエンエクセラードは耐火性が高い外壁です。

耐火性が高いと火災保険料に関しても節減になります。

火災保険料は構造区分次第で大幅に料金を下げることができますが、この構造区分は建築確認申請の時に決まり、後から変更はできません。

耐火構造などもよく考えて外壁材を選んでみてください。

りす男
耐火性次第では火災保険も安くなるよな。

スポンサーリンク

この記事が気に入ったら
フォローしよう

最新情報をお届けします

Twitterでフォローしよう

おすすめの記事