みんなの家情報
L字キッチンの種類を理解。レイアウト次第で使い勝手は大きく変わる

キッチンにも色んな形があり、L字キッチンっという形のキッチンがあります。

間取りの都合上、L字にせざるを得ないことも出てきますが、L字キッチンはカウンターキッチンのように対面式のキッチンにもできます。

キッチンを省スペースで設置することができるので、間取りに余裕がなくても便利なキッチンを導入することができます。

ふくろう君
今回はL字キッチンについて詳しく調べてみました。
りす男
対面式には憧れるな。

L字キッチンとは

L字キッチンとは、キッチンの形が英語のLの字になっているキッチンの事です。

作業台とシンク、ガスコンロの距離が近いため、調理の作業効率が良いです。

スポンサーリンク

L字キッチンの種類と特徴

  • Lの字のキッチンのどちらかが壁に面しているタイプ(対面L字キッチン)
  • 壁に面しているタイプ(壁付L字キッチン)

L字キッチンには大きく分けて2種類に分けられます。

どちらのタイプにするかによってもキッチンの特徴や使い勝手が変わってきます。

L字キッチンは家事動線が短い

L字キッチンは家事動線が短いのが特徴です。

冷蔵庫とシンク・コンロを結ぶワークトライアングル(キッチントライアングル)と呼ばれる家事動線が短いので、家事を効率よくこなしたい人向けのキッチンです。

スポンサーリンク

L字キッチンの共通した注意点とデメリット

  • 冷蔵庫の位置
  • I字キッチンより費用がかかる
  • L字コーナー部分がデッドスペースになりがち

冷蔵庫の位置は工夫が必要

作業効率の良いL字キッチンですが、冷蔵庫の位置次第でキッチンの使い勝手は変わってきます。

家事動線を短くしたのに、冷蔵庫から距離が遠いと、折角のワークトライアングルは無駄になってしまします。

キッチンの配置にもよりますが、対面式のL字キッチンでは、作業台の対面に置くと効率も良いですが、スペースをどの程度とるかによってもキッチンの使い心地は変わってきます。

対して、壁付式のL字キッチンでは、キッチンの左右のどちらに置くしかありません。

冷蔵庫は一度おいてしまうと、なかなか動かしずらくなるので、冷蔵庫の位置をきちんと把握しておく必要があります。

I字キッチンより費用がかかる

新居やリフォームでキッチンを設置する場合は、キッチン本体の価格や施工費用などは業者によってバラバラです。

しかし、1つ言えるのはI字キッチンより総合的な費用は高くなることだけは言えます。

りす男
便利=高い。
これ方程式⁉

L字コーナー部分がデッドスペースになりがち

L字のコーナー部分がとにかく使いにくいです。

デッドスペースになりやすいので、L字キッチンの専用の棚や、メーカーによってはL字キッチン専用の回転かごなども販売されているので、それを上手く使いこなす必要があります。

対面L字キッチンの特徴

対面式のキッチンのどちらかが壁に面しているタイプでは、シンクや作業台がリビングやダイニングの方に向けて設置されることが多いです。

キッチンがリビングから見えないため、キッチンがごちゃごちゃしてもバレません。

そのため、料理中でも室内に気配ることができ、家族や知人たちが来た時でもコミュニケーションが取りやすいので、一体感がでます。

また、小さなお子様がいる家庭では子供たちから目を離さずにいられます

対面L字キッチンは吊戸棚の有無で印象が変わる

オープンL字キッチンでは、室内に面している上部は何も設置しないケースが多いです。

吊戸棚を上部に設置してしまうと、室内に圧迫感を与え兼ねません。

吊戸棚を設置せず、何もない場合は、室内がより広く感じられますが、収納スペースが減りる分、他に収納スペースを作る必要もでてきます。

なので、対面式のL字キッチンは収納スペースの確保のためにキッチンのスペースが余分に必要です。

キッチンの収納スペースを確保できそうになければ、吊戸棚を設置する方が良いですが、窮屈なイメージになってしまうかもしれません。

キッチンは調理器具や食料を収納するスペースも必要で、物が溢れかえってしまわないような対策や工夫も必要です。

りす男
スペースと見た目のつり合いは難しいよな。

対面L字キッチンの注意点とデメリット

  • 室内が汚れやすい
  • スペースの確保が必要
  • ライフスタイルの変化に対応できるか

室内が汚れやすい

対面式タイプのL字キッチンは、室内に目を配りやすいと言ったメリットがあります。

しかし、目の前に壁がないので、調理の汚れが室内に散乱しやすいです。

シンクの水しぶきなどは意外にも遠くまで飛んでいる物なので、注意しなければなりません。

スペースの確保は必須

対面のL字キッチンを設置するには、I字キッチンよりも多くのスペースが必要です。

狭い家に対面式のL字キッチンはキッチンとダイニングの区別が明確で、無理に設置してしまうと、ダイニングやリビングが狭くなる可能性があります。

ライフスタイルの変化に対応できるか

対面式のL字キッチンは、調理中でも室内から目を離したくない人(小さなお子様がいる家庭)によく選ばれています。

しかし、そこでよく考えておきたいのは、ライフスタイルの変化です。

対面キッチンはコミュニケーションが取りやすいとがメリットですが、子供が大人になって家からは離れる時には、対面式のキッチンで1人で調理をしていると寂しいと感じることもあります。

うさ子
家によく人を招く人なら問題ないです。
りす男
さびしんぼさんは要注意だな。

壁付L字キッチンの特徴

壁に取り付けられているので、調理に集中することができます。

また、キッチンのすぐそばにテーブルを置く事ができ、キッチンとダイニングっという区画がないため、配膳がスムーズで、キッチンススペースが最小限で済むので、リビングも広くとれます。

I字キッチンよりも家事動線が短いので、キッチンのスペースもあまり必要なく、効率よく調理をしたい人に好まれます。

壁付L字キッチンの注意点とデメリット

  • 室内の様子が分かりにくい
  • キッチン以外の配置に困る
  • キッチンが丸見え

室内の様子がわかりにくい

オープンL字キッチンと違って、壁に向かって作業するので、室内の様子が分かりにくいです。

I字キッチンと同じですが、キッチンの使いやすさはやはりL字の方が勝ります。

キッチン以外の配置に困る

壁付L字キッチンは、食器棚や冷蔵庫っといったキッチン以外の家具や家電の配置に困ります。

いずれにしても、キッチンの端の方に配置する必要がでてきますが、配置次第ではL字キッチンのメリットをあまり感じられなくなるので注意が必要です。

りす男
そうなるとI字キッチンでも良いような気もするよな。

キッチンが丸見え

キッチンとダイニングが面しているため、リビングからキッチンが丸見えです。

いつもキッチンが片付いていないとごちゃごちゃして汚らしいイメージになるため、来客者が来た時なども気を使います。

L字キッチンは無理のない間取りで設置

L字キッチンは家事動線が短いのが特徴です。

しかし、L字キッチンを設置するにはスペースが必要で、他の食器棚や冷蔵庫の配置など、間取りの都合上、我慢しなければならない部分も出てきます。

対面式のL字キッチンはカウンターキッチンのようで、対面式のI字キッチンよりも部屋に面している部分が短くすることができ、部屋への圧迫感も少ないです。

キッチンはキッチンと区別することができ、間取りに余裕がなくてもカウンターキッチンを設置することができます。

壁付式のL字キッチンはI字キッチンよりも幅を狭くすることができるのでキッチンのスペースを最小限にとどめることができます。

L字キッチンでも他の家電や食器棚の配置次第でも使い勝手は変わり、間取りに余裕があるなら、作業台を設置すると共同作業もしやすいです。

キッチンは部屋の印象も大きく変わってくるので、間取りをよく考えた上で設置してみてください。

スポンサーリンク

この記事が気に入ったら
フォローしよう

最新情報をお届けします

Twitterでフォローしよう

おすすめの記事