みんなの家情報
地鎮祭の当日の流れやかかる時間。初穂料の相場や渡すタイミングなど

地鎮祭を行う場合、気になるのが当日の流れ。

地鎮祭の時に何かしなくてはならないのか心配になりますよね・・・・。

地鎮祭は、地鎮祭を行う会場を準備するのにも手間がかかります。

知らないことばかりで手配に戸惑うと思いますが、準備ができてこそ、地鎮祭が行えます。

地鎮祭の会場(四方竹やお供え物)の準備や、出席者がそろい次第、地鎮祭が行われます。

時間は儀式は神様への儀式は午前中に行われる(神主さんの都合も含めて)ので、朝10時頃に行われるのが一般的です。

当日の流れを把握して、マイホームを建てる第一歩を歩んでください。

ふくろう君
今回は地鎮祭の感想です。
りす男
座ってるだけじゃダメ?

地鎮祭の一般的な流れ

開式の辞

地鎮祭の開始のご挨拶が神主さんから行われます。

修跋の儀(しゅばつのぎ)

開式の後、地鎮祭の参加者・お供え物をはらい、清める儀式が行われます。

降神の儀(こうしんのぎ)

祭壇に立てた神籬(ひもろぎ)に、その土地の神・地域の氏神を迎える儀式が行われます。

神主さんが声を発して、神様の降臨を告げます。

うさ子
祝詞をあげてもらった人なら分かると思うのですが、「ウォォォ~」と、修行しなければ出せないようなあの声です。

献饌 (けんせん)

神に祭壇のお供え物を食べていただく儀式です。

酒と水のふたをとります。

祝詞奏上(のりとそうじょう)

その土地に建物を建てることを神に告げ、以後の工事の安全を祈り、祝詞をあげます。

この時に、土地の住所や施主などの名前が呼ばれます。

四方祓(しほうはらい)

土地の四隅をおはらいし、清めます。

施主やその家族が四方竹の角に(お酒・水・塩)をまいてその土地を清めます。

地鎮の儀(じちんのぎ)

斎鎌(いみかま)を使った刈初(かりそめ)、斎鋤(いみすき)を使った穿初(うがちぞめ)、斎鍬(いみくわ)を使った鍬入(くわいれ)等が行われます。

鍬入(くわいれ)の儀ともいいます。

3回、鍬入れをするので、設計・施工・建主に振りわけることが多いです。

地鎮祭に参加していない場合(設計士など)は、神主さんが代わりをつとめてくれます。

玉串奉奠(たまぐしほうてん)

神さまの前に玉串を拝礼(祈りをささげる)します。

玉串とは、榊などの枝に、白い紙垂(しで)を付けたものです。

神主さんから枝を向けられて渡されます。

それを時計回りに回して、神様にささげます。

うさ子
わからなくても、神主さんがやりながら教えてくれます。
りす男
みんな初めての事だからわかんないよな。

撤饌(てっせん)

酒と水のふたを閉じ、お供え物を下げます。

昇神の儀(しょうじんのぎ)

神籬(ひもろぎ)に下りていた神をもとの御座所におくり、お帰りいただきます。

閉式の辞(へいしきのじ)

地鎮祭の終了です。

神酒拝戴(しんしゅはいたい)

地鎮祭が終了したらお酒で乾杯します。

お供え物を食べますが、我が家の場合、お供え物は全て施主側がたべることになっていたので、我が家はこれはしませんでした。

神社によって、対応は違います。

代わりに写真撮影などをしました。

地鎮祭は我が家の場合30分ほどで終了しました。

スポンサーリンク

地鎮祭の後片付け

地鎮祭を準備する時に、地鎮祭セットを頼んでいる場合はそのまま放置。

後日、地鎮祭屋が片づけにきます。

祭壇などは運んできた工務店と神主さんが行いました。

お供え物は私たちで食べるので、お供え物をすべて撤去し、自宅に持ち帰りました。

スポンサーリンク

神主さんへの初穂料と渡すタイミング

神主さんへのお礼は、地鎮祭の儀式が始まる前に渡すのが良いでしょう。

その初穂料は一緒に祭壇に飾られ、清められます。

地鎮祭が終わった後だと、渡しそびれる可能性もあるので、忘れないうちに渡した方が良いです。

初穂料の包み方(のし袋の種類)

家が建つというのは何度あっても良いことです。

ですから、熨斗袋は赤白の蝶結びの水引がかかったものを使用します。

水引が印刷されたのし袋でもOKです。
できれば、水引がかかったものの方が相応しいです。
(水引が印刷されたのし袋は1万円位までとされているため)

この紅白の蝶結びの水引がかかった熨斗袋はお宮参りや七五三、厄払いなどのお礼にも使えるので、持っておいて損はないです。

初穂料の相場

初穂料の相場は1万円~5万円 ぐらいまで。

神社によって、地鎮祭の初穂料の料金が設定されている場合もあるので、確認が必要です。

また、神社にお供え物を用意してもらう場合は別に「御供物料」をお渡ししてください。

うさ子
我が家の場合、問い合わせたところ「お心次第」っということだったので、少ないですが、2万円包みました。狭小住宅なので許してください。
りす男
お心次第が一番困るよな。

のし袋の書き方

水引より上の真ん中に上書きを書きます。

  • 初穂料
  • 御初穂料
  • 玉串料
  • 御玉串料
  • 御神前上

上記のいずれかを書いてください。

水引の下中央には地鎮祭の施主の姓を書きます。

初穂料は基本的には連盟にはしません。

どうしてもという場合には名上の人を右に書きます。

中袋の書き方

中袋の表中央に「金参萬圓」などと金額を書きます。

裏の左下には、住所と氏名を書きましょう。

お金の入れ方

できれば新札を用意しましょう。

お札の肖像画が中袋の表から見えるように、また上になるように入れます。

熨斗袋の折り方は、先に上を折って、から下を折ります。

ふくさは必要か?
ふくさが絶対に必要というわけではないですが、礼儀としてはあった方が丁寧です。

地鎮祭にかかった費用

  • 地鎮祭セット→約34,000円
  • お供え物代6,000円
  • 初穂料→2,000円

合計60,000円ほどですみました。

地鎮祭セットを工務店側にやってもらう場合に言われた金額は15万円でした。

うさ子
9万円節約することができました。
りす男
デカイ!!

地鎮祭にかかった費用や、用意したものの詳しい記事は下記にあるので、興味があれば覗いてみてください。

スポンサーリンク

この記事が気に入ったら
フォローしよう

最新情報をお届けします

Twitterでフォローしよう

おすすめの記事