みんなの家情報
アジアンリゾートなインテリア好きにはダイニングにa.flatのペンダントライト

ダイニングにペンダントライトを使うと、空間のアクセントになります。

使用するペンダントライトによって雰囲気が決まるので、どんなテイストにするか迷いますが、ペンダントライトはソケットがあればとりつけも簡単で、気分転換に手軽に交換できるのもメリットです。

そこで、どんなダイニングにしたいかが重要ですが、シンプルなアジアンインテリアは飽きも来ず、他のインテリアとの相性も良いのが魅力的です。

ふくろう君
今回はアジアンリゾート風のペンダントライトを使ったダイニングのご紹介です。
りす男
リゾートって言ったらやっぱり木でしょ。

アジアンテイストなペンダントライト

a.flatという主に都内で展開しているアジアン系の家具やインテリアを扱っているお店で購入た、吊り下げ式のペンダントライトです。

ダイニングテーブルの上で使用しています。

落ち着いたアジアンインテリアが好きにはピッタリの照明だと思います。

シンプルなデザインですが、ウッドなので暖かみもあり、飽きが来ないデザインです。

うさ子
もう使用して10年以上経ちますが未だにお気に入りの照明です。
りす男
なんだかすごくカッコいいぞ。
スポンサーリンク

a.flatってどんなお店?

a.flatとは、7つのスタイルをコンセプトにアジア風の家具を販売している会社です。

スポンサーリンク

7つのa.flatスタイルとは

  • シーサイドブルー
  • フォレストグリーン
  • フラワーパープル
  • クラウドグレー
  • ウッドブラウン
  • ガーデングリーン
  • サンセットレッド

シーサイドブルー

海や空を想像させる鮮やかなブルーに砂浜の淡いベージュ。

まるでリゾート地にいるかのようなテイストをテーマにしたコーディネートをしています。

フォレストグリーン

深い緑や、淡い緑。

緑のグラデーションが美しく、森の中で自然に溶け込むような自然な色合いのコーディネートを提案しています。

フラワーパープル

紫は魅惑の色ですが、深い紫色が上品で、花柄を差し込むことで優艶さを醸し出しています。

クラウドグレー

水墨画で描かれたような雰囲気があり、白と黒の濃淡を楽しむコーディネートがシンプルで飽きの来ない大人っぽいコーディネートを提案しています。

ウッドブラン

ブラウンは他の木製家具とも相性がよく、インテリアにも自然にマッチします。

ナチュラルブラウンではなく、ダークブラウンを組み合わせることでお部屋絶対に木が持つ温もりが感じられるコーディネートを提案しています。

ガーデングリーン

太陽に照らされた芝生が青々としているように、鮮やかなグリーンと、晴れ晴れとした空をイメージした空間を提案しています。

サンセットレッド

夕暮れの海を連想させるような深い赤とオレンジのグラデーションが、夕日を切り取ったように美しい空間を作り出します。

要するに「青、緑、紫、黒、茶色、青緑、赤」を主体としている

このように、7つのスタイルを持っているa.flatです。

「青、緑、紫、黒、茶色、青緑、赤」この7つの色を主体として、アジアの風が流れるかのようなグラデーションをコンセプトに、アジアのリゾート地を連想させるようなインテリアを主体として販売している会社です。

また、アジアを連想させるような色合いを特徴とし、リビング、ダイニング、ベッドルーム、ベランダ・バルコニーの4つの部屋(空間)にアジアの風を吹き込みむ事をコンセプトにしています。

また、クッションなどの生地にもこだわりがあり、グラデーションもさることながらアジア特有の肌触りと生地の質感の変化も楽しめます。

オリジナルな家具の販売も魅力的

a.flatの家具は全てオリジナルです。

デザイン、設計時から高い品質を維持する事を考え、長く使用でき、オリジナリティを大切にしています。

また、そのオリジナリティを出すために、商品を作る道具にもこだわりがあるそうです。

他にもソファ作りにもこだわりがあります。

自然素材にこだわり、職人が手作業でソファに使われる生地を編んでいるのだとか。

また、自社で生産しているものだからこそ、品質管理を徹底しており、メンテナンスや修理が必要になった時でも十分なサービスが提供できる体制をとっています。

店舗数は東京に2店舗。

大阪に1店舗なので、実際にみに行ける人は限られているかもしれませんが、ネット販売もしているので、気になった人は訪れてみてはいかがでしょうか?

りす男
ソファーの方が気になってきた。

ペンダントライト情報

このペンダントライトをa.flat内で探してみると、ヒットしませんでした。

10年も前のモデルの物で、現在は実店舗でも販売していない可能性が高いです。

りす男
えー、ないのか?
似たようなペンダントライト見当たらないかな。
ふくろう君
こんな感じのしかなかったんですが・・・。
りす男
うーん。ほど遠い。
りす男
りす男はこっちの方が好きだ。
だって木だからな!!
ふくろう君
基準そこ?
スポンサーリンク

この記事が気に入ったら
フォローしよう

最新情報をお届けします

Twitterでフォローしよう

おすすめの記事