みんなの家情報
U型キッチンは少々お高い?初期費用を無視してでも設置するべき理由とは

キッチンの形は後から付け足せばどんな形にすることもできますが、問題は見た目です。

キッチンには○○型っというように、複数の種類のキッチンがあり、どれも対面式にすることは可能です。

対面式のキッチンは、リビングやダイニングから見えるので解放感がありますが、キッチンがごちゃごちゃしていると人に与える印象が最悪で、人を招く度に気になります。

しかし、U型キッチンは見栄えに統一感があり、収納スペースも広いため、見た目もスッキリさせることができます。

りす男
U型キッチンじゃなくても良いんじゃない?
ふくろう君
スペースがあるなら検討の余地ありです。

U型キッチンの基本情報

U字キッチンとはコの字のように配置するキッチンの事です。

英語の「U」の字の形をしていることからU型キッチンコの字キッチンと呼ばれています。

キッチンが3方向、コの字で囲まれているため、移動距離が少なくて済み、動線が短いのが特徴です。

スポンサーリンク

U字キッチンのメリット

  • 動線が短い
  • 収納スペースが広い
  • 作業スペースにゆとりができる
  • キッチンにまとまりがある

動線が短い

「冷蔵庫」「シンク」「コンロ」の位置を結んだ頂点が三角形になっていて、これを、ワークトライアングルっといいますが、ワークトライアングルがすでに考えられている設計になっています。

家事動線を短くするには、このワークトライアングルの距離次第っと言われていますが、何を作業するにも距離が短く、効率が良いです。

収納スペースが広い

3方向囲まれているため、上下に収納スペースを多くとる事ができます。

また、3つカウンターがあるので、引き出しも多く、その分広いです。

作業スペースにゆとりがある

3連つながったカウンターにすれば、作業スペースが広がり、作業の効率もアップします。

少しよけておきたいものがあってもすぐ横に置いておくことができ、複数人での作業もしやすいです。

キッチンにまとまりができる

3つのカウンターはセットで販売されていることが多いので、統一感があります。

デザインが統一されているので、見た目が整っていて、見栄えも良いです。

見栄えがよく、清潔なキッチンは自然ときれいに保っていたいと言う心理が働くので、何事にも見栄えは大切です。

りす男
統一感があると片付けもちゃんとできそうだ。
ふくろう君
綺麗なキッチンだと後片付けもキレイにできそうですね。
スポンサーリンク

U型キッチンのデメリット

  • デッドスペースに工夫がいる
  • 圧迫感を感じる場合もある
  • 費用がかかりがち

デッドスペースに工夫がいる

3つのキッチンカウンターのつなぎ目はL字になりますが、そこがデッドスペースになりやすいです。

L字キッチンにも言えることですが、角にも収納スペースを確保できるよう、回転棚や収納ラックを準備する必要があります。

圧迫感を感じる場合もある

お料理好きな人にはありがたいU型キッチンですが、3方向が壁で囲まれているため、レイアウト次第では圧迫感を感じやすいです。

また、向かい合っているキッチンカウンター同士の距離が近すぎると狭すぎて窮屈なイメージなります。

広すぎると使い勝手などが気になるところなのでバランスが難しいです。

費用がかかりがち

3つのキッチンがセットで販売されているため、その分価格が高いです。

設置費用もそれに伴って高くなるので、予算が厳しければ、L字キッチンを設置して、後から囲むようにカウンターを設置することでU字キッチンのようにすることもできます。

りす男
でも、見栄えが気になるな。
ふくろう君
統一感は確かになくなっちゃいますね。

U型キッチンを設置する理由はズバリ「見栄え」

U型キッチンを設置する際は、1つの面が室内へ向かっている対面式にすると大変便利です。

対面式にすることでキッチンからダイニングやリビングを見渡すこともでき、キッチンの出入りの距離も短いので、料理を運ぶ際も苦になりません。

I字キッチンやL字キッチン、II字キッチンでも対面式にすることはできます。

しかし、U字キッチンのメリットはワークトライアングルがあらかじめ設計されていることや、室内への距離も短いことが最大のメリットだと思います。

また、デザインが統一されていることで見栄えが良い他、無駄に収納スペースを買い足したりする必要が少ないスタイルです。

初期費用はかかりますが、キッチンの形を考えるにあたって、収納スペースや作業スペースが十分でないと思ったら導入する価値はあると思えるキッチンです。

りす男
U字キッチンは意外といいみたいだな。
ふくろう君
お料理好きの人はよく選ばれるそうですよ。
スポンサーリンク

この記事が気に入ったら
フォローしよう

最新情報をお届けします

Twitterでフォローしよう

おすすめの記事