みんなの家情報
アイランドキッチンは皆がお料理しやすい。ついつい手が出る環境が決めて

キッチンを選ぶにあたってレイアウトは重要です。

レイアウト次第ではお料理が手伝いやすい環境だったり、お料理がしたくなるキッチンも作ることができます。

アイランドキッチンは周囲が手を出したくなる環境が整っているので、キッチンを使わなければもったいないっという心理が働くようです。

りす男
そんな効果あるの?
ふくろう君
手を出しやすい=お料理しやすい。
ですよ。

アイランドキッチンとは

アイランドキッチンとは、キッチンが島(アイランド)のように独立したキッチンのことをいいます。

キッチンの周りに人が集まりやすく、対面キッチンなので、みんなでワイワイしながらお料理を楽しみたい人が好むキッチンです。

スポンサーリンク

アイランドキッチンの使い勝手や特徴

  • 解放感がある
  • コミュニケーションが取りやすい
  • 洋風の家によく合う
  • レイアウトの自由度が高い

解放感がある

アイランドキッチンは、キッチンがどの壁にも面しておらず、離れて設置されているため、解放感があります。

壁に視界を遮られることがなく、対面式のキッチンのため、キッチンからの見渡しもよく、リビングからもよく見えます。

コミュニケーションがとりやすい

解放感があり、室内の人とのコミュニケーションが一番とりやすいキッチンです。

夫婦でお料理をしたり、子供がお手伝いもしやすい環境なので、お料理を通して人とコミュニケーションを図ることができます。

キッチン回りも広いため、人が行きかいしやすい環境も整っています。

洋風の家によく合う

日本のキッチンと言えば、壁に面したキッチンが多いですが、アイランドキッチンは1辺も壁に面していないのが最大の特徴です。

外国キッチンは土地が広いのでキッチンスペースが広くアイランドキッチンのような、お料理ショーをしながら形式も珍しくありません。

なので、アイランドキッチンにしただけで洋風の雰囲気に仕上がります。

海外のようなキッチンが好みの方は洋風キッチンを存分に楽しめるでしょう。

ペンダントライトを使うとよりおしゃれ

アイランドキッチンの照明をペンダントライトにするとキッチンがよりおしゃれに見えます。

手元を明るく照らす必要があるキッチンでは、アイランドキッチンのようなキッチンの上に壁や棚がないとライトも設置しにくいので、ペンダントライトを設置すると見栄えも良いです。

レイアウトの自由度が高い

アイランドキッチンは壁が邪魔にならないので、キッチンのレイアウトを自分好みに仕上げることができます。

レイアウトの自由度も高く、また、変更も容易なので、気分転換にもなります。

アイランドキッチンのレイアウト例
  • キッチンの横にダイニングテーブルを設置
  • キッチンの前にダイニングテーブルを設置してカウンターキッチンのように
  • キッチンを一段高くして生活感が出ないように工夫
  • キッチンの対面に汚れ防止に低い壁を設置する
りす男
レイアウト考えるの楽しそうだな。
ふくろう君
それもアイランドキッチンのメリットですね。
スポンサーリンク

アイランドキッチンで注意すること

  • 間取りに無理が生じがち
  • 収納スペースの工夫が必要
  • 換気の効率が問題になる
  • 汚れが気になる
  • ごちゃごちゃ印象になりかねない
  • 費用が高くなりがち

間取りに無理が生じがち

アイランドキッチンは壁から離して設置する必要があるので、広いキッチンスペースがないとキッチンが狭くなります。

間取りの都合上、キッチンが小さくなる可能性もあるので、無理のないように設置しなければなりません。

また、キッチンのスペースを多くとると、リビングやダイニングが狭くなるので、バランスが重要です。

りす男
そこまでこだわる必要もないよな。

収納スペースの工夫が必要

アイランドキッチンは、解放感がありますが、キッチンの上に収納スペースが作れないため、キッチンの周りに収納スペースを作る必要がでてきます。

キッチンスペースを広くとらなければならないため、収納スペースを確保するためには工夫も必要です。

換気の効率が問題になる

キッチンが独立しているため、換気扇はコンロの真上に設置することになります。

四方に壁がないため、いくら換気扇を強く回していても換気効率が悪いです。

部屋中にキッチンのニオイがこもりがちなので、換気扇をより性能の良いものにするか、部屋の換気を素早く行えるようにしておいた方が良いです。

汚れが気になる

アイランドキッチンは周りに壁がないため、油や水はねが多くなります。

心配ならば、キッチンの前に低く小さめの壁を作ったりして汚れ防止策が必要です。

空気中の汚れも換気扇で吸い取れなかったものは室内にこびりつくことになり、リビングが汚れがちです。

ごちゃごちゃした印象になりかねない

キッチンのレイアウトにもよりますが、キッチンよ室内からよく見えるため、散らかったキッチンはよく見ます。

また、整理整頓が行き届いていないと汚らしいイメージを与えがちなので、いつも清潔に保つ必要があります。

費用が高くなりがち

アイランドキッチンは壁に面していない設計になるので、その分、多くの部材が必要になります。

また、独立したキッチンにするため、ガスや水を通す工事や換気扇などの工事も高くなりがちです。

アイランドキッチンはワイワイ派が集まるキッチン

アイランドキッチンは洋風で見栄えがよく、憧れる人も多くいると思います。

ライフスタイルが変化しても壁を作ったり、構成を変えたりと色々工夫ができるので、変化に強いキッチンです。

アイランドキッチンは間取りやスペースの問題は多くありますが、お料理が好きでよくホームパーティをする人向けのキッチンになります。

しかし、初期費用やリフォーム時の価格などが気になる場合は他のキッチンを検討する方が良いと思いますが、ワイワイお料理を楽しみながらできるキッチンはこれが一番使い勝手良いキッチンです。

りす男
料理しなかった旦那もお料理しだすらしいぞ。
ふくろう君
ついつい手を出したくなる雰囲気ってことですね。
スポンサーリンク

この記事が気に入ったら
フォローしよう

最新情報をお届けします

Twitterでフォローしよう

おすすめの記事