みんなの家情報
積水ハウスのZEH住宅の正体とは。豪華な設備投資で省エネ・創エネに期待

家をつくる時に気になるのは夏涼しく、冬温かい家。

日本は四季があるので、高気密高断熱の家をつくると光熱費もかさまず、省エネです。

また、冬のヒートショック(風呂上りなど、急激な温度に体がついていけないこと。)なども防ぐこともできます。

外気の影響を受けやすい住宅は、家自体の劣化も早くなるので、高気密高断熱にするメリットはたくさんあります。

しかし、高気密高断熱の家は外気との温度差が激しいので、結露しやすいというデメリットもあるので、換気対策などもしっかりとる必要があるようです。

ふくろう君
今回は、積水ハウスのZEH住宅。
省エネ・創エネ住宅について教えてもらいました。
りす男
ZEH住宅。
聞いたことあるな。

積水ハウスのZEH住宅の正体

うさ子
私は2013~2014年にかけて積水ハウスでZEH住宅を建てました。
ZEH(ゼッチ)住宅とは

Net (ネット)

Zero(ゼロ)

Energy(エネルギー)

House(ハウス)

ゼロエネルギー住宅の事で、住まいの省エネと設備でエネルギーをつくりだし、エネルギー消費量をプラスマイナスゼロにした住宅です。

ゼロエネルギー住宅とも言います。

ワンランク上の断熱が高い建材や、先進の省エネ設備を取り入れています。

りす男
畑で言うと地産地消かな?
ふくろう君
なぜその例え。

省エネの住宅にするには高気密高断熱の家を作ることが欠かせません。

高気密の家とは

住宅を建てる時に生じるすき間を高品質な建材で埋めることで高気密の家がつくられます。

どんなに腕の良い職人さんが建てたとしても、目に見えないすき間は必ず出てくるので、このすき間をなくし、気密性を高めている住宅です。

わずかなすき間でも、空気の出入りがあると冷暖房の効きにも影響を及ぼすため、省エネ住宅には欠かせません。

高断熱の家とは

高断熱の家とは、家の壁内に断熱材を入れたり、窓には断熱性の優れたペアガラスなどを設け、外気の影響を極力受けないようにする住宅の事です。

高気密高断熱の家は、気密性を高め、冷暖房の効きを良くし、家の中の熱を逃しにくくしています。

また、断熱性があることで、外気の影響に左右されないので、光熱費の節約にもなるのです。

りす男
高気密と高断熱はセットだな。
スポンサーリンク

積水ハウスのZEH住宅は魔法瓶のような家

  • 太陽光発電
  • エネファーム
  • 蓄電池
  • 24時間換気システム
  • 北海道と同じ断熱材

このような設備が導入されています。

北海道に建てる家と同じ断熱材が入っているので、冷暖房の効きもよいと思います。

冷暖房を付け始める時期も以前に比べて遅くなったと思います。

夏は涼しく、冬は暖かいを体感しています。

私の家は北海度で家を建てる時に使用する程度の断熱材が入っています。

そのためか家の中が魔法瓶のようになっています。

太陽光・エネファーム・蓄電池の装置も備えているので光熱費もほとんどかかることはありません。

また、24時間換気システムのおかげで住宅に結露が生じたことは一度もありません。

24時間換気は義務化されている

2003年に建築基準法では、強制的に換気ができる設備の導入を義務化しています。

りす男
外気と温度差があると結露が心配だけど、大丈夫みたいだ。
スポンサーリンク

太陽光発電の買取額が気になる

注意点は積水ハウスのZEH住宅以外にも言えることですが、太陽光発電を導入すると初期投資額がかなり高額になります。

今後、買い取り額が少なくなった場合のことを考えると気持ちは複雑です。

りす男
太陽光発電は省エネっていうけど、買取価格も重要だな。

高気密高断熱の結露対策はとても重要

高気密高断熱で欠かせないのは、結露対策です。

積水ハウスのZEH住宅は、24時間換気システムがついているので一切結露が起きたことはありません。

高気密高断熱だと外気との温度差で結露がしやすいので、換気も定期的にする必要があります。

りす男
目に見えない部分(壁の内側)に結露ができたら嫌だしな。

換気は外の空気を室内の温度に変換して取り込まれている

換気対策は24時間換気システムで、家の外の空気を取り入れる時に、温度を変換して家の中の温度に近い状態で換気をする仕組みを取り入れています。

エアキスハイグレード(熱交換換気タイプ)という換気タイプです。

高性能なフィルターがついていて、花粉や硫黄など、小さな微粒子も除去してくれます。

花粉症の人にはありがたいシステムです。

りす男
電気代高そう。
うさ子
だから、太陽光発電は必要です。

換気対策と結露対策は非常に重要だと思います。

結露と換気対策の良し悪しで、家の傷み方がだいぶ違い、長年快適に暮らすためには十分に対策をする必要があります。

換気対策と併せて防虫対策もバッチリ

うさ子
私は換気対策に合わせて防虫対策も考えました。

24時間換気システムにも色々あります。

防虫対策には防虫網を設けるものと、フィルターを設けるものがありますが、エアキスハイグレードは花粉や微粒子も付着されるフィルターが取り付けられているため、虫の侵入の心配がありません。

フィルターの交換は必要になりますが、必要経費だと考えるしかないです。

高気密高断熱より、他の設備をフル活用した方がメリットが大きい

しかし、注意点したいこととしては、高気密・高断熱もいいですが、他の機能(太陽光発電、エネファーム、蓄電池、電気自動車)などをフル活用した方がメリットが大きいと思います。

一度に全部備えるのはかなりの費用が必要です。

少しずつ追加できるように設計するのも良いかもしれません。

りす男
良い設備を選ぶ事で省エネにもつながるし、どれだけお金をかけられるのかも鍵になりそうだ。
スポンサーリンク

この記事が気に入ったら
フォローしよう

最新情報をお届けします

Twitterでフォローしよう

おすすめの記事