みんなの家情報
DOTS-NEXTのアストロは3つライトで間接照明の完成度が高い

間接照明は、まぶしさが苦手だったり、暗がりの中をムードのあるある雰囲気を作る時にうってつけです。

リビングに間接照明を取り入れると落ち着いた照明でリラックスできる空間を作りやすいです。

間接照明を取り入れるには色んな手段がありますが、今回はフロアスタンドを取り入れたお家のご紹介です。

フロアスタンドは見栄えも良く、存在感があるのでインテリアとしても生えますが、照明部分が複数あると自由度が高く、部屋も暗くなりすぎず、融通が利き、また、場所もとらず便利になります。

ふくろう君
今回はDOTS-NEXTのASTRO(アストロ)をリビングに取り入れたお家です。
りす男
フロアスタンドっていっても色々あるな。

ASTRO(アストロ)のフロアスタンドをリビングで活用

ASTROのアイボリーです。
うさ子
リビングで使っています。
りす男
3つライトが付いてる。

メーカーはDOTS-NEXTで、ASTRO(アストロ)というフロアスタンドです。

普段はソファの横に置いており、真ん中についている2つのライトは角度を調節できるため、本を読む時など、明かりがあたる位置を調節できるのでとても使いやすいです。

また、明るさも調節することができるので、明るすぎたり暗すぎたりすることはありません。

大きい割にコストパフォーマンスがとてもいい商品です。

スポンサーリンク

ASTRO(アストロ)の詳細スペック

高さ1770mm
直径320mm
シェードの直径280mm
コードの長さ2100mm
上部の電球の大きさ
(アッパー部分)
E26/100W
横の電球の大きさ
(スポットライト部分)
E26/40W
重量7㎏
DOTS-NEXT楽天市場より
スポンサーリンク

フロアスタンドは隅に置くべし

フロアスタンドは基本的に身長と同じくらいの高さがあるので、背が高いです。

また、それなりの重さがあるので、もし、誤ってフロアスタンドを倒してしまった場合、電球が割れたり、フロアスタンドが故障したり、家が傷つく可能性が高いです。

なので、フロアスタンドは基本的に壁際に設置し、存在感を楽しむに限ります。

フロアスタンドは、存在感が大きく目立つものなので、インテリアとしてもデザイン性が高いものを選びたいですが、小さいお子様がいるご家庭はよく考えて設置する必要があります。

りす男
転倒しないフロアスタンドはないものか。
ふくろう君
ヒモでくくりつけとくわけにもいかないですしね。

ASTRO(アストロ)の特徴

  • トーチ型フロアスタンド
  • 3つライトが付いていることの利点
  • アッパー部分の特徴と注意点
  • スポットライト部分の特徴と注意点

トーチ型フロアスタンド

ASTRO(アストロ)はトーチ型のフロアスタンドです。

トーチ型とは

アッパーライトとも呼ばれ、天井に向かって光を放つフロアスタンドです。

シェードが上向きに開いており、背も高いことから間接照明としての役割が大きく、柔らかな光を放つことが特徴です。

3つライトが付いていることの利点

ASTRO(アストロ)は上部のアッパー部分以外に、横にスポットライトが2つ付いています。

トーチ型なので、上部のメイン照明は全体の間接照明として。

サイドのスポットライトは1つ1つ独立して点灯することができます。

暗すぎたら手元に2つ点灯したり、1つを手元に、もう1つを更に間接照明として使用するとよりムードのある間接照明を作ることができます。

おしゃれな雰囲気を作るには光源が複数あり、光の明暗が複数ある方が空間に奥行きができ立体感が生まれます。

また、1つのフロアスタンドに、3つのライトがあると、配線も邪魔にならず省スペースで見栄えも良く融通がききます。

アッパー部分の特徴と注意点

ASTRO(アストロ)の上部の照明(アッパー部)はスチールでできているため、光を通しません。

なので、光を直接見ることがなく、照明のまぶしさが苦手で、間接照明を駆使したい人向けです。

調光機能付きで最大6~8畳ほどの空間を照らすことが可能っとなっています。

電球はE26/100wで、白熱電球推奨です。

りす男
調光機能付きLED電球なら使えるってことだな。
うさ子
間接照明なので、光が柔らかく空間が和みます。

スポットライト部分の特徴と注意点

スポットライトは2つ付いています。

また、1つ1つにスイッチが付いているので、1つだけ点灯したいなって時も便利です。

向きを変えることが可能で、支柱や内線に影響が出ない程度に向きを調節することができます。

スポットライト部分は角度を自由に調節することがで、また2つ付いているので、1つは読書用に手元を照らし、もう1つは壁や天井に向けて間接照明として使ったり、自由度が高いです。

スポットライトのシェード部分には電球の発熱による熱がこもらないように穴が空いていますが、その穴から漏れる光がまた良い雰囲気を出してくれます。

電球の大きさはE26/40Wで、白熱電球を推奨しています。

白熱電球は発熱により発光する電球なので、長時間使用しているとどうしても熱を帯びます。

しかも、シェードの材質はスチールなので、熱を帯びやすいです。

メーカーは白熱電球を推奨し、シェード部分に熱がこもらない対策もしていますが、気になるならLED電球に変えてみても良いかもしれません。

うさ子
でも、基本的には白熱電球ですよ。
りす男
基本的にね・・・。

DOTS-NEXTどこの販売会社?

DOTS-NEXTは北海道旭川市にある照明器具を専門に販売している会社です。

実際の店舗ではなく、楽天やYahoo!などの大手通販サイトで照明器具を販売しています。

おしゃれなインテリアやライトを販売しており、楽天でも多くの口コミを獲得しています。

ASTRO(アストロ)DOTS-NEXTのオリジナル商品なので、口コミを参考にしながらネットから購入してみてください。

ASTRO(アストロ)の販売情報

ASTRO(アストロ)は調光機能が付いているので、自由度が高いトーチ型のフロアスタンドです。

また、調光した後、好みの明るさを保っていられるように、スタンドに全ての照明を操作できる消灯スイッチが付属しています。

これにより、スイッチのON/OFFで好みの明るさがリセットされることなく、すぐに点灯することができます。

ライトが3つあるので、空間が立体的に見えて、自由度も高いです。

照明器具を複数置くことなく1つで色んな機能がまかなえ、スペースの節約もできます。

インテリア的にも機能的にも完成度が高く、色はアイボリーとブラックの2色あるので、好みの方をチョイスしてみてはいかがでしょうか?

スポンサーリンク

この記事が気に入ったら
フォローしよう

最新情報をお届けします

Twitterでフォローしよう

おすすめの記事