みんなの家情報
ニチハのフージュプレミアムは30年保証付き。メンテナンスも必要ないが少しお高い
(ニチハ株式会社 3Ðカタログ:photo by Fu-geプレミアムイフーカ アイボリー

業界トップシェアを誇るニチハの外壁。

その中でFu-ge(フージュ)プレミアムというシリーズがあります。

この窯業サイディングはシーリングレスの外壁にすることもできるので、コーキングのメンテナンスが気になる、変色や色あせがない外壁が良いと思っている人はこの中から外壁を選ぶと良いですね。

つなぎ目がないことで高級感があり、デザインもおしゃれなものが多いです。

ふくろう君
今回はニチハのプラチナコート30が施されている外壁の感想です。
りす男
プラチナコート30よく聞くよな。

ニチハのイフーカプレミアムを施工した感想

3Ðカタログ ニチハ株式会社より
うさ子
りす男
3Ðカタログ!
今回も写真なしか!
ふくろう君
うぐっ。
イフーカプレミアムのスペック
  • メンテナンス費用がおさえられるFu-ge(フージェ)プレミアムシリーズの外壁
  • 【塗装】プラチナコート30
  • 【塗装】マイクロガード
  • 塗膜の変色、褪色30年保証(条件有)
  • 四方あいじゃくりで目立ちにくいつなぎ目

スポンサーリンク

Fu-ge(フージェ)プレミアムの外壁とは

メンテナンスコストとを抑えながら、見た目の仕上がりが美しいニチハ一押しの外壁です。

プラチナコート30という塗装がされ、30年間変色、褪色がないとされています。

30年間変色、褪色に対して保証を付けているのはニチハだけです。

外壁の寿命を延ばすためには、10年毎にメンテナンスをする必要がありますが、その際に、外壁の再塗装も考えなければなりません。

ニチハのプラチナコート30は再塗装の必要が30年間必要ないため、キレイな状態が長く続き、外壁のライフサイクルコストを減らせるという特徴があります。

また、凹凸が組み合わさった模様になっていて見た目も綺麗です。

明るいアイボリー調の壁なので、汚れが気になりましたが、明るいイメージにしたかったので選びました。

キレイな状態が続くとおすすめされた商品です。

スポンサーリンク

プラチナコート30という塗料の特徴

  • 変色や色あせに強い
  • バランスの取れた塗料の配合で
  • 分子レベルで紫外線に強い

ニチハの超高耐候塗料です。

プラチナコート30の特徴としては人工的に過酷な自然環境を作り出し、変色や色あせなどを試験した結果、プラチナコート30を塗装した外壁では30年間、変色や色あせがないことを確認しました。

そのため、プラチナコート30を使った外壁では変色、色あせを30年間保証しています。

このプラチナコート30はニチハではもっとも高品質な製品です。

その秘密は塗料の配合にあります。

無機塗料は変色や褪色には強いですが、ひび割れが起きやすいものです。

塗膜のひび割れに弱い無機塗料を、しなやかさをもつ有機塗料でカバーし、無機塗料と有機塗料の配合のバランスを良くすることで変色や褪色に強く、ひび割れしにくいプラチナコート30という超高耐塗料が生まれました。

この塗料は分子結合力が高く、紫外線の影響で結合が破壊されないことから外壁材をしっかり守る役割を果たします。

プラチナコート30を保護するマイクロガードでセルフクリーニング

マイクロガードとは雨の力で汚れを落とす、セルフクリーニング機能で、汚れから外壁を守ります。

プラチナコート30の上に塗装されています。

マイクロガードの汚れ落ちの仕組みとしてはマイクロガード表面に水分子の膜を形成し、その水の膜に汚れが付くので雨が降ると一緒に汚れが流れ落ちる仕組みになっています。

プラチナコート30とマイクロガードを組み合わせることによって新築の時の外壁の美しさが続きます。

このマイクロガードの機能は永遠というわけではなく、10年以降は機能が低下し始めるので、汚れ落ちが気になったら再塗装した方が良いかもしれません。

でも変色、褪色は30年保証です。

30年間保証は外壁同士のつなぎ目をプラチナシールにすること、または、シーリングレスのドライジョイント工法を同時に施工することが条件です。

りす男
30年間保証を付けた外壁はニチハが業界初なんだそうだ。

ニチハのプラチナシールというシーリングって?

プラチナシールは超高耐久のシーリングです。

シーリングは気候の変化によって粘着性が落ちたり、シーリングにひびが入ったり、経年劣化でやせてきたりします。

目地のシーリングは繰り返し伸縮を繰り返すことによってひび割れを起こしますが、プラチナシールは伸縮性に強く、耐候性があり、汚れがつきにくく、目立ちにくいシーリングです。

プラチナシールは超高耐久シーリングなので、熱や雨、湿気などの影響を受けにくく、粘着性が高いので、きれいな状態が長持ちします。

シーリングレスのドライジョイント工法

ドライジョイント工法とは専用材を用いることでシーリングを使わずに施工する方法です。

角や窓などにはどうしても外壁とのすき間ができてしまいますが、シーリングを使わずに専用の部材を使う事によって、すき間を埋めることができます。

りす男
プラチナシールかドライジョイント工法のどちらかセットで30年保証だ。

四方あいじゃくりで目立ちにくいつなぎ目

外壁と外壁をつなぐために通常はシーリングを使いますが、ニチハのFu-geは四方あいじゃくりという方法で外壁をつなぎ合わせているため、外壁同士をつなぐシーリングが必要なく、つなぎ目も目立ちにくい仕様になっています。

四方あいじゃくりとは

外壁(板)の接合部分の厚みを四方半分だけ削り、それをピッタリ組み合わせることです。

ニチハの四方あいじゃくりのページ

板目の継ぎ目は見る角度によってすき間が発生することがあります。

しかし、隙間が生じたとしても耐水性に問題はないそうです。

見た目の問題ではありますが、継ぎ目があるということは施工前に頭に入れておいた方がいいかもしれません。

りす男
気にする人は気にするからな。

ニチハのビーストウォールプレミアムも検討

ビーストウォールプレミアム ニチハ株式会社より
うさ子
外壁を選ぶ時、他のデザインも検討しました。

ニチハのビストウォールプレミアムのチャコールと迷いました。

タイルと小石をミックスさせていて、日の当たり具合で陰影を綺麗に出してくれる商品で、見た目も落ち着いていて素敵です。

ただ、色が濃いので家全体が暗い印象になってしまう気がしました。

我が家は明るい印象の家を目指していたので、採用はしなかったのですが、シックな家がお好みの方には合うと思います。

ニチハの外壁は大手メーカーで安心

見た目の高級感とお手入れのしやすさは大変気に入っています。

また、つなぎ目もきれいです。

長く住んでみないとデメリットは分かりませんが、褪色や変色の30年保証がありますのであまり心配はしていません。

りす男
シーリングレスの外壁はこのブログの管理者も検討したようです。

このブログの管理者もコーキングの劣化が気になってシーリングレスの外壁にしようと悩んだのですが、見積もりで200万円コストがアップすると出て、あっさり諦めました。

りす男
ビビったな。

ライフサイクルコストを抑えるか、初期費用を抑えるか。

メンテナンス費用は実際に住んでみないと分かりませんが、決してFu-geは安い外壁ではないので、費用面で考える必要がありそうです。

りす男
リクエストあったら実際の写真とってきてね。
ふくろう君
ホー。
スポンサーリンク

この記事が気に入ったら
フォローしよう

最新情報をお届けします

Twitterでフォローしよう

おすすめの記事