ミサワホームの外構でつけるなら、「エムウッド2」丈夫で過ごしやすいウッドデッキの実現

ミサワホームでは、家の建築時やリフォーム時に外構工事をミサワホームが行ってくれるので、工事の依頼に手間がなくハウスメーカー独自のメンテナンスや保証などもしっかりしているので安心です。

庭で過ごしたいとき、ウッドデッキがあると、家の出入りが楽で外でも快適に過ごすことができます。

天然木のウッドデッキは耐久性などに不安がありますが、ウッドデッキにも様々な素材でできたものが開発されているので、見た目は木でも、耐久性が高く、メンテナンスしやすいウッドデッキを手に入れることもできます。

ふくろう君
今回は、ミサワホームでウッドデッキを取り付けたお家です。
りす男
ウッドデッキは外で過ごす時の場所の確保として必需品だよな。

ミサワホームの外構でウッドデッキをつけてみた

ミサワホームで作った3畳のウッドデッキ
うさ子
ミサワホームで作ってもらったウッドデッキです。

しっかりとした作りで、部屋からそのまま出ることができるようフラットに仕上げてもらいました。

3畳と広々とした作りなので子供用プールも置くことができたりBBQもできます。

夜は星を眺めてゆったりした時間を過ごすことができます。

夏はウッドデッキに座り花火ができたり、秋は紅葉狩りができます。

とても活用していて満足しています。

スポンサーリンク

ミサワホームで外構を頼むなら「エムウッド2」のウッドデッキが高品質

ウッドデッキは木の質感や見た目が好まれ、自然や木の温もりを感じ、見た目にも肌でも自然の良さが感じられるアイテムです。

窓から出入りしやすいように庭に設置すると、外で過ごしたいときに、家の出入りがスムーズにできるために取り付けられます。

しかし、ウッドデッキは木なので、水や湿気などで、カビが発生したり、月日が経つと劣化で見栄えが変わり、買った時の状態を維持するのが大変難しいものでもあります。

ウッドデッキは木の質感が好まれるものですが、メンテナンスや管理が大変なので、ウッドデッキのメンテナンスや維持管理ができそうにないなら、木とプラスチックの混合材、 「 Mエム - Woodウッド 2」 がおすすめです。

ふくろう君
人工木、樹脂木などと呼ばれていて、木に樹脂(プラスチック)を混ぜて作られています。
りす男
ウッドデッキは素材や見た目、耐久性も大切だよな。
スポンサーリンク

「 Mエム - Woodウッド2 」 のウッドデッキとはどんな素材?

ミサワホームでは、資源の有効活用として、住宅建築の際に出る木材の端材と樹脂を混ぜ合わせた「Mエム - Woodウッド 」っという素材を開発されています。

「 Mエム - Woodウッド 」 はインテリア向けの素材で、天然木の弱点(耐久性や維持管理の問題)を克服しながらも、木では再現しにくい湾曲成型などもしやすい素材を開発し、住宅のインテリアに生かしています。

この経験を活かし生まれたのが エクステリア向けの「 Mエム - Woodウッド 2」っという素材です。

木の廃材+リサイクルプラスチックを混ぜ合わせて作られる 「 Mエム - Woodウッド 2」は「 Mエム - Woodウッド 2」 そのものをリサイクルして再利用できる素材となっています。

混合材である 「 Mエム - Woodウッド 2」は 「 Mエム - Woodウッド 」 同様、木の弱点を克服しながらも見た目は木に似せた素材です。

使われるリサイクル資源材は適度に色むらがあるので、その風合いが良い具合に自然な木目を再現しています。

ウッドデッキで見た目とメンテナンスを重視するなら検討しても良い素材

ウッドデッキは使用したお時にキレイで使いやすい状態でなければ使用頻度も少なくなり、手入れも怠りがちです。

天然木のウッドデッキは雨風にさらされノーメンテナンスだと4~5年以内にはボロボロな状態で買い替えたりメンテナンスが大変なところがデメリットです。

そんな時に検討したいのが混合材のウッドデッキです。

再生利用可能な 「 Mエム - Woodウッド 2」は 木の外観を重視しながら耐久性が高く汚れがつきにくい他、汚れたらヤスリで削るだけとメンテナンスも楽な素材となっています。

ウッドデッキは室内とは違い、頻繁にメンテナンスする・したいものではないと思います。

雨風にさらされいつの間にかボロボロになっているっということもあり、すぐに買い替える必要が出てきたり、無駄な出費も増えます。

気が付けばカビが発生したり、汚れが落ちなくなっていたりと、メンテナンスもあまり行き届かないこともあるので、あらかじめ耐久性が高く、メンテナンスが楽なウッドデッキを設置しておくと後々安心です。

ミサワホームで外構を作る時に気になった方は、「 Mエム - Woodウッド 2」のウッドデッキも 検討してみてください。

りす男
お高いんでしょ?
うさ子
・・・それなりに。
ふくろう君
業者次第でもあります。

ミサワホームの外構はどう?

ミサワホームで家を建てる時、ミサワホームで外構を頼むと思います。

ウッドデッキも外構工事の時に取り付けられますが、外構工事はや費用や工事内容などが曖昧な事も多いです。

多くのハウスメーカーで外構の見積もりは大まかな数字しか乗っていないのは、外構工事を外部に委託しているため、詳細な工事内容を把握していないからでもあります。

ミサワホームも、外構は下請けの外構業者に依頼したり、ミサワホームがお抱えの外構業者に委託していたり、その地域のミサワホームによって外構工事のスタイルは違います。

家を建てる時にも言えますが、家を建てる時もミサワホームが家を建てるわけではなく、ミサワホームと契約している業者が家を建てています。

家を建てる時、家の品質は気になるところですが、業者の腕によっても品質も違ってきたりもします。

外構業者も同じで、担当の外構業者の腕次第で外構の仕上がりは全く違うので、良い外構業者と出会う事は大切です。

外構プランを成功させるには複数の選択肢を持つ事

外構プランは担当者のセンスと知識が物をいい、外構業者によって工事費用が数十万単位で違ってきたりすることも多いです。

担当の外構プランが気に入ればそのまま契約すれば良いですが、もうちょっと違うプランや費用を抑えたいと思っているなら、タウンライフリフォームでプランを一括請求してみてください。

外構プランは担当者が自分に合ったプランをいかに多く提示しているかにも外構の満足度も違ってきます。

担当者と気が合わないと自分たちのライフスタイルに合わなかったり、エクステリアや庭のメンテナンスや外構の維持管理が大変になったりもします。

見た目も自分好みの外構ではなくなる可能性もあり、もう少しこだわりたかったっと後から後悔することも少なくありません。

費用があればフェンスをつけたかった―。っと思っている時も、外構業者を変更することで外構費用が安くなることもあります。

ミサワホームの「 Mエム - Woodウッド2」はミサワホーム独自の素材なので、ミサワホーム 「 Mエム - Woodウッド2」 でウッドデッキを作る時は魅力的ですが、ミサワホームブランドに踊らされず、良い外構業者に出会う事は大切です。

木と樹脂の混合材、人工木のウッドデッキは他にも色んな業者が出しているので、比較検討してみることは大切なのではないでしょうか?

スポンサーリンク

この記事が気に入ったら
フォローしよう

最新情報をお届けします

Twitterでフォローしよう

おすすめの記事