持って運んで折り畳めるランタンは災害時にあると安心する、CARRY THE SUN

災害時にないと困るのは「あかり」。

災害時用のライトは、どこにしまっていたか忘れてしまったり、いざ使う時に古くなっていて使えなかったっということもあります。

収納場所に困らないためにも、普段も使えて、災害時にも使えるようなライトを選ぶのが賢い選択です。

ふくろう君
災害時の備えは大事です。
りす男
懐中電灯とか電池の液漏れしちゃうから困るのよな。

持ち運び・折り畳み可能なCARRY THE SUNは災害時兼普段使い用のライト

うさ子
災害時兼普段使い用のライトです。
りす男
くねってる。

災害時兼普段使い用のライトを探している時、『災害 ソーラー充電 ライト』と検索して購入しました。

ランドポート株式会社さんの商品で、LEDですが暖かい光(写真はウォームライト色っという暖色系)とデザインも四角くでコロンと可愛くてお気に入りです。

畳んで収納可能で災害用バックにも入れやすいです。洗濯物と一緒に外で充電して、寝室の枕元で使っています。

スポンサーリンク

CARRY THE SUN®の特徴

CARRY THE SUN®の特徴まとめ
  • ソーラー発電で電気不要
  • 環境にやさしい
  • 持ち運びやすい
  • 軽量でコンパクト
  • IP67仕様で防水仕様
  • LED電球で省エネ
  • シンプルなデザインで使用場所を選ばない

ソーラー発電で電気不要

CARRY THE SUN®はランドポート株式会社が販売しているライトです。

また、ソーラー発電で電気が不要であるため、電気代を心配する必要がなく、環境にやさしいです。

りす男
環境にやさしいって言葉になぜか弱い。
ふくろう君
動物だからですよね。

持ち運びやすい

持ち運び可能な照明器具を選ぶ時に気になるのは耐久性。

キャンプなどに持っていくとなると荷物が多くなりますが、CARRY THE SUN®は折り畳み可能です。

かさばらないし、持ち運びも容易で、重さも100gもありません。

また、電気系統は水は厳禁ですが、IP67仕様っとなっています。

この数値は、粉塵などが内部に侵入せず、水の中に落ちても大丈夫なように想定して作られている証です。

コンパクトに畳める照明器具なのでキャンプに持って行ってもかさばらず、邪魔にならず、水濡れもOK。

水や塵などで故障する可能性が低いので災害時の非常灯にもなります。

りす男
防水仕様でない電気製品は何かと気を使うしな。

デザインがシンプルだからどこにでも合う

ライトを選ぶ時、部屋の雰囲気と合うかどうかは気になりますが、CARRY THE SUN®はコンパクトでシンプルなデザインになっています。

なので、ライトがあることで部屋の印象を変えてしまわないし、シンプルなのでどんな部屋にも合わせやすいです。

スポンサーリンク

CARRY THE SUN®を使う時の注意点

  • ソーラー発電でしか使えない
  • 電池の劣化が気になる

ソーラー発電でしか使えない

CARRY THE SUN®の充電方法はソーラー発電のみです。

元々このライトは発展途上国向けに作られています。

世界の夜に太陽のような光を届けたいっという思いから作られ、電気が通っていない国や地域、電気の供給が不安定で電気を自由に使う事ができないような所でも、光を届けたい。

そんな思から作られています。

なので、電気での充電は不可で、十分な発電能力を発揮させるには窓越しでなく直射日光をあてて充電することがすすめられます。

インジケータランプの数で充電残量の目安が確認できるので、晴れた日にはたくさん日光浴させてください。

りす男
ソーラーパワーを信用していない人は買わない事。
りす男
洗濯ばさみで衣類を干す要領で充電できますよ。

ソーラーパネルや電池の劣化が気になる

電池は500回程充電できます。

ミディアムでは8時間充電して72時間点灯しますが、これは一番小さい明かりで使用した場合です。

一番大きい明かりでは10時間ほど持つので、1日5時間使用すると2日もつ計算になります。

そうなると2年ちょっとしか使えない計算になりますが、これは使用状況や使用頻度にもよります。

実際にはもっと小さな光で使用時間も短時間と限られていると思うので、一番強い明かりでも1日2~3時間程使用した場合5年は使えることになります。

5年も使えれば十分ですが、電池や太陽光やソーラーパネル部分の劣化なども関係して点灯時間が短くなる可能性もあり、永遠に使えるわけではないため注意が必要です。

りす男
りす男は十分だと思うけどな。
ふくろう君
あくまで計算上ですよ。

でも使い終わったらリサイクルできるからエコ

CARRY THE SUN®を販売しているランドポート株式会社では使用済みのCARRY THE SUN®を回収してリサイクルしています。

海洋汚染を防ぐために行っているそうなのですが、再利用することが当たり前な世の中の実現を目指して、人々のリサイクル意識を高めるきっかけとなるように願って取り組んでいるそうです。

使用済みCARRY THE SUN®をランドポート株式会社に送付すれば、CARRY THE SUN®オリジナルマイバックと交換してくれます。

送付先

〒101-0021 東京都千代田区外神田2-2-19 MKビル 1F ランドポート(株) リサイクル係 宛て

(郵送料はお客様のご負担となります)お名前/ご住所/TEL/メールアドレス/を忘れずに同封ください。

りす男
この会社何者だ。
ふくろう君
自然界代表してお礼言っときましょう。
りす男
ありがとうございます。

公式サイトから買うと1つ買うごとに1つ寄付される

あかりはただ明るいだけではありません。

あかりがあるだけで心がホッとし、人がいるという存在感が心を温かくします。

危険な夜道も安全になり、夜中に勉強だってできる。

あかりの下でご飯を食べられることが当たり前な私たちにとって、あかりはどんなにありがたい存在なのかを考える機会は少ないです。

ランドポート株式会社ではCARRY THE SUN®を公式ストアから購入すると購入した分だけランドポート株式会社が明かりがなくて困っている国や地域に寄付する活動を行っています。

「Buy One Give One®」=1つはあなたに、もう1つは誰かのためにCARRY THE SUN®を寄付に興味がある人は公式ストアから購入してみてください。

りす男
ホント、何者なんだ。

CARRY THE SUN®の詳細スペック

ミディアムスモール
暖色、白色、レインボー暖色、白色
ベルトカラー黒、白黒、白、オレンジ
LEDの数10灯6灯
サイズ 110×110×110(mm) 88×88×88(mm)
収納時 210×110×12(mm)170×88×12(mm)
防水 IP67 IP67
材質PET・PVCPET・PVC
バッテリー1,200mAh600mAh
重さ86ℊ57ℊ
充電時間8時間充電/72時間点灯6時間充電/15時間点灯
CARRY THE SUN®の公式HPより

種類別特徴と選び方

  • キャンプや非常灯は「ミディアム」
  • 目印や道しるべには「スモール」
  • イルミネーション好きなら「レインボー」

ミディアム、スモール共に充電回数は500回です。

ソーラー発電は充電に時間がかかりますが、電池のインジケーターランプが搭載されているので、それを目安に予め十分に充電してください。

キャンプや非常灯は「ミディアム」

サイズはミディアムとスモールを展開しています。

ミディアムは最大100lm(ルーメン)ほどで、机の上に置いて使ったりしても顔が見える明かりです。

手元を照らすのには十分な明るさになっています。

小さい懐中電灯でも70~80㏐程の明かりはあるので、非常灯やキャンプなどのランタンとして活用できます。

目印や道しるべには「スモール」

スモールは30㏐ほどしかないため何かをするにもとても暗いです。

1lmは1本のろうそくを1m離れたところから見た1本のろうそくだといわれているので、何かを照らすっというよりも道しるべのようにぼんやり照らす明るさになっています。

登山や夜道を歩くときの目印や道しるべとして、また、ミディアムと組み合わせて光の強弱を楽しみたい人向けです。

レインボーミディアムはイルミネーションが楽しめる

ミディアムにはレインボー色があり、赤、オレンジ、黄、緑、青、パープル、白の7色に変化するものが展開されています。

7色の色が自動で変わるモードも搭載され、光のイルミネーションを楽しみたい人向けです。

りす男
遊び心そそるな。

ソーラー発電照明は一家に一台あると何かと安心

CARRY THE SUN®は発展途上国向けに作られた仕様なので、電気の供給はできない仕様になっています。

しかし、その分、電気代を気にせず使用でき、自然の力を借りて生きているっというエコライフを楽しむこともできます。

また、災害時やキャンプで電気がない場所で活躍するライトです。

ソーラー発電式のライトは災害時、電気が使えないようなシーンに遭遇した時、明かりがないと不便な事は多いです。

慌てないためにも、あかりがあるとホッとするように、一家に1台あると安心するかもしれません。

りす男
凄い会社ってことが身に沁みた。
スポンサーリンク

この記事が気に入ったら
フォローしよう

最新情報をお届けします

Twitterでフォローしよう

おすすめの記事