シーリングファン・ライトは設置不可?諦める前に選択肢が増える最良の方法

シーリングファン・ライトがある家って良いですよね。

冷暖房の効率も良くなるし、何しろ見栄えが良くおしゃれです。

しかし、シーリングファン・ライトでクリアしておかなければならないのが設置するのに問題点が多い事。

これを読めば、我が家にはシーリングファンライトは無理だなっと思っている人でも、シーリングファンライトを諦めず、おしゃれな家を手に入れられる選択肢を増えるかもしれません。

りす男
諦めて後悔しないように見ておくと良いぞ。
ふくろう君
お家にシーリングファンライト取り付けましょ。

シーリングファン・ライトとは

シーリングファン・ライトとは天井にとりつけるプロペラのような羽のファンのことで、物によってはライトが合体しています。

日本のお家は天井が低いの見かけることが少なく、カフェやお店の中で見かける機会しかありませんでした。

しかし、住宅の多様化で吹き抜けや一般住宅でもそのおしゃれで雰囲気の良さからシーリングファンライトは普及しつつあります。

また、シーリングファン・ライトの開発で傾斜がある天井でもお家に取り付けられるようなものも続々と誕生しています。

シーリングファン・ライトは、ライトとファンが合体し天井に取り付けるので省スペースで、冷暖房の効率も良く、見た目もおしゃれ雰囲気も良いです。

りす男
カフェとかではおしゃれでついうなっちゃうよな。
ふくろう君
その反面シーリングファンライトは様々な理由から敬遠されがちです。

シーリングファンライトの設置を諦める理由

シーリングファン・ライトの設置

あきらめる?

  • 取り付けに不安がある
  • 取り付けを業者に依頼するのに抵抗がある
  • 家に合うシーリングファン・ライトが分からない
  • 希望のデザイン・スペックが見つからない

取り付けに方に不安がある

シーリングファン・ライトを導入するときの一番の悩みは取り付けに不安があることではないでしょうか。

シーリングファンライトは、シーリングファン・ライトを購入してほとんどの場合は説明書を見て自分で取り付けなければなりません。

取り付けには家の構造や天井のプラグによって取り付け方が違ってくるので、何時間も説明書とにらめっこをしてようやく取り付けられることも多いです。

シーリングファン・ライトは電気工事士の資格を持っていない人でも取り付けられる構造になっていますが、DIYが不得意の人には少々取り付けに苦戦する電化製品となっています。

また、高所には自分で取り付けられないし、取り付け不良を起こすと、シーリングファン・ライトが落っこちてきたり、ファンやライトがうまく作動しなかったりといったトラブルにも見舞われやすいです。

取り付けるシーリングファン・ライトによっては天井に補強が必要だったりと、自分で取り付けると意外と面倒で取り付けに大きな不安が残ります。

りす男
重いから結構大変なんだ。

取り付けを業者に依頼するのに抵抗がある

シーリングファン・ライトを購入し、自分では取り付けが難しそうだと思ったら、家電量販店では取り付け工事を業者に頼むこともできます。

買った商品の取り付けを一緒に頼めるので手間もかからずDIYが得意でない人には便利です。

費用はおおよそ5,000円~8,000円程度ですが、家の構造や取り付けるシーリングファン・ライトによっては追加費用がかかる場合もあります。

工事のみ単品で依頼することもできますが、要見積もりとなっていて、料金は不明瞭です。

料金がいくらかかるか分からない事と、取り付け業者を自分で探す手間がかかり何かと面倒で諦めてしまいます。

家に合うシーリングファン・ライトが分からない

シーリングファン・ライトは取り付ける天井やものによって取り付け方が違ってくるため、買う前にしっかりと検討しておかなければなりません。

シーリングファン・ライトは賃貸でも天井に傷をつけずに取り付けられるものもあります。

しかし、重量のあるシーリングファン・ライトは天井の補強が必要で部屋の構造や取り付けるものによって説明書をきちんと読まないと適合するかの判断が難しいです。

取り付ける場所に設置できるかどうか自分で判断しなければならないので難しくて諦めてしまします。

希望のデザイン・スペックがみつからない

家電量販店では、シーリングファン・ライトは売り場面積の関係でちょこんっと置いてある程度で数も少ないです。

また、オーソドックスなシーリングファン・ライトしか取り扱いがないことがほとんどで、気に入ったデザインや機能がないことも。

ネット通販ではおしゃれな安いシーリングファン・ライトの取り扱いはありますが、高い天井や傾斜がある特殊なものの数は少ないです。

また、安いので風量や消費電力に不満を感じることが多く、スペック不足を感じたり、選択肢が限られてきます。

シーリングファン・ライトはデザインが命

シーリングファン・ライトの魅力はおしゃれなところです。

天井にあるだけでお部屋の雰囲気が良くなり、居心地の良い空間があれば快適に過ごしていられます。

デザインを重視しないのであれば、シーリングファン・ライトではなく、サーキュレーターなどで済ませた方が費用も悩みも減ります。

ファンで冷暖房の効率のアップも期待できますが、一番重要なのは見た目です。

自宅に設置するのが不安でも、気に入ったシーリングファン・ライトを導入したいなら専門店で購入することをおすすめします。

専門店なら種類や機能の豊富で選ぶ選択肢が増えます。

納得のシーリングファン・ライトを手に入れられる方法

シーリングファン・ライトをお家に導入したいけど、上記のような悩みで設置できていないっという人は「fazoo(ファズー)」っというシーリングファン・ライト専門店で購入することを考えてください。

りす男
こんなお店あったんだ。
ふくろう君
専門店ならではのサービスがたくさんあります。

シーリングファン・ライト専門店「fazoo(ファズー)」の強み

  • 種類が豊富でオリジナル商品のスペックが高い
  • 何を選べばよいのか相談できる
  • 取り付け工事も依頼できる
  • 専門店ならではの手厚い保証とアフターサービス

種類が豊富でオリジナル商品のスペックが高い

取り扱うシーリングファン・ライトは1,500種類以上で、品揃え日本一です。

価格は安くはないものの、一般的な天井でなくても設置できるものから、「吹き抜け」「傾斜・勾配天井」のような特殊な場所でも設置できるシーリングファン・ライトも豊富に取り揃えています。

専門店ならではのオリジナル商品も展開していて、特に、IF0140L-BK ファズー製シーリングファンライトは天然木が使われたこだわりのシーリングファン・ライトです。

プロペラに天然木の桐材が使われ、天然木は見た目も良くインテリアとしても様になり、桐材の軽さを生かし、シーリングファン・ライトを軽量化しました。

天井に過度な負荷がかからないように工夫しています。

また、モーターにはDCモーターが使われており静かです。

ファンの風量にもこだわりがあり、羽は106cmと小さいですが、これ1台で15畳の広さの空気を撹拌させることができる風量を確保しています。

照明部分はLEDなので省エネで長時間使っても月8時間使っても電気代わずかの150円です。

4段階の調光機能もあり、コンパクトで薄いので圧迫感が少ないです。

安いシーリングファン・ライトを選ぶと、あと一歩、スペックや機能面で足りない部分があったりしますが、専門店ならではの欲しい機能を詰め込んだオリジナル商品は魅力です。

りす男
木の質感最高!
ふくろう君
我々は木が好きです。

何を選べばよいのか相談できる

シーリングファン・ライトは種類が多くて何を選んだら良いのか自分で設置できるのか部屋に適合したスペックなのか風量は足りるのか取り付けられるのか、など選ぶ際に、比較・検討をたくさん繰り返さなくてはなりません。

このような悩みを1人で抱えて悩んでいてもしかたがないのでそこは専門家に話を聞いてもらった方が時短になります。

また、シーリングファン・ライトの取り付けで困っても電話でアドバイスが聞けて買った後もサポートしてくれるのが魅力です。

何を選んだらよいか、シーリングファン・ライトで悩んでいたら無料で相談することができます。

取り付け工事も依頼できる

fazoo(ファズー)ではシーリングファン・ライトの取り付け工事も一緒に依頼することができます。

工事の見積もりも無料で追加工事費用などがない明朗会計です。

また、万が一取り付け工事の不良が見つかっても再工事費用は無料で、工事後のトラブルがあっても電話でアドバイスをしてくれるなどアフターフォローもしっかりしています。

専門店ならではの手厚い保証とアフターサービス

ネット通販で購入すると、1年のメーカー保証だけのところが多いですが、ファズーは90日間返金保証・3年間の無料修理を保証しています。

シーリングファン・ライトは数万円以上、こだわりがあれば10万円以上するものもあり、価格が高いわりに保証が充実していないことも多いです。

シーリングファンライト専門店だからこそできる手厚い保証で、売れた後もサーポートが充実しているのも魅力です。

諦める前にチェックすべきは専門店にあり

シーリングファンライトをお家に取り付けるとお部屋の雰囲気がアップすること間違いなしです。

楽天やYahoo!ショッピング、Amazonでは安いシーリングファンライトも販売されていますが、どこかピンと来なかったり、商品のスペックや機能が足りなかったりします。

また、保証面でも不安も残ります。

DIYを普段からする人なら抵抗が少ないですが、シーリングファンライトは重量があるのでシーリングライトのようにワンタッチで取り付ける感覚ではなく、意外と大変な思いをします。

取り付け方に失敗してしまうと、シーリングファンライトの落下や、ファンから異音がするなどトラブルのもとになりかねません。

部屋の構造的に取り付けるのは無理そうでも専門家に相談すれば自分のうちにマッチしたシーリングファン・ライトに出会えるかもしれません。

後は価格との相談ですが、諦める前に一度訪れても良いサイトなのではないでしょうか?

りす
ちょっとぐらい高くても保証があるとコストパフォーマンス良いよな。
ふくろう君
シーリングファン・ライトを諦めなくても済むかもしれませんね。

スポンサーリンク

この記事が気に入ったら
フォローしよう

最新情報をお届けします

家づくりの知識
おすすめの記事