玄関の壁の仕切りは収納スペースを隠したい場合に最適。工夫次第で見た目もスッキリ

玄関づくりの工夫点として、玄関に壁の仕切りを設けるのはどうでしょう。

玄関に仕切りを設けると、ある程度収納スペースの目隠しができるので、おすすめです。

目隠し収納としてシューズインクロークがあげられますが、シューズインクロークは玄関の幅を大きくとってしまいます。

玄関のスペースがそれほどとれないけど、玄関の収納スペースの見た目が気になる場合、壁で隠してしまえば、見た目もスッキリさせることができます。

また、見た目以外にも色々とメリットがあるので、玄関をもう少し工夫したいなっと思ったら検討してみてください。

ふくろう君
今回は、玄関に壁の仕切りを設置した家です。
りす男
玄関に仕切りを設置する人って案外いるな。

収納スペースを隠す工夫は壁の仕切りにあり

玄関の仕切り
うさ子
我が家の玄関は、仕切りがあるのが特徴です。

外から玄関の扉を開けたときに、収納スペースが見えないように仕切りを作りました。

この仕切りのおかげで、玄関がスッキリしています。

玄関は何かとごちゃごちゃしがちなので、こういった仕切りを設置すると、訪問者の目も気になりません。

散乱しがちの靴もとりあえず隠せるので助かっています。

りす男
玄関って意外と気使うからなー。

仕切りの工夫は手すりを2か所設置したこと

うさ子
仕切りに手すりを2か所設置しました。

玄関の段差が15cmぐらいなので、壁の仕切りに手すりをつくり、バリアフリー化をしました。

玄関に高さがないので、手すりがあると靴の脱ぎ履きも楽です。

足腰の弱っている義母のためにもなりました。

下駄箱の横に座るベンチも完備

足腰の弱っている義母のために、工夫した事として、もう1つあります。

下駄箱の隣にベンチを作ったことです。

下駄箱の隣に座ることも可能なベンチを確保し、ベンチの下には小物などを置いています。

子供の外遊び用のオモチャなど、外で使用する物を収納できるので、気に入っています。

うさ子
外で使用する物は、家の中にはできるだけ持ち込みたく無いので。
りす男
座るスペースがあると何かと便利だよな。

玄関に壁の仕切りを設置するメリット

  • 収納スペースの目隠しになる
  • 玄関を2つに分けることができる
  • 手すりでバリアフリー化

収納スペースの目隠しになる

玄関は人目につきやすいので、極力収納スペースが目立たないようにする時に役立つと思います。

下駄箱があるとどうしても生活感がでてしまうので、下駄箱の存在を隠したい場合などにおすすめです。

りす男
立派な下駄箱でも気になる人は気になるのか。

玄関を2つに分けることができる

玄関を家族用と来客者用とに分ける事ができます。

小さい子供がいると靴の脱ぎ散らかしが気になりますが、壁の仕切りで目隠しができるので、靴の散乱を隠すこともできます。

また、無駄なものが隠せるので玄関もスッキリします。

手すりでバリアフリー化

玄関は座ったり、足ったりする動作が歳をとるごとにしんどくなってきます。

下駄箱の位置によっては手すりが1か所しか設置できなかったりするので、複数手すりを設置したい場合にも役立ちます。

りす男
家族でおでかけとかに役立つな。

手すりはDIYでもできるますが、玄関に壁の仕切りをつくるなら、あらかじめつけておくと後々手間が増えません。

玄関の仕切りは程よく収納スペースを隠す優れもの

玄関の仕切りは程よく収納スペースを隠すができ、玄関をすっきりした見た目にすることができます。

玄関に仕切りを作る時の注意点としては、玄関の広さです。

ある程度、玄関に広さがないと、仕切りによる圧迫感が否めないので、注意してください。

また、仕切り大きさ(幅)なども重要です。

中途半端な仕切りだと、目隠しの役割を果たせなくなったりします。

玄関は物が増えがちで、収納スペースに悩むこともあると思いますが、仕切りがあることで物が増えてもある程度、物を隠すことができるのでおすすめです。

また、その他にも思いのほかメリットがあるので検討してみてください。

りす男
ちなみに、仕切りで失敗した報告も紹介。
買い物はネットショッピング
ポイントがもらえるからお得!

スポンサーリンク

この記事が気に入ったら
フォローしよう

最新情報をお届けします

家づくりの知識
おすすめの記事