みんなの家情報
我が家、楽の釜盥を座右の銘に、このブログでマイホーム活動

「向かうところ家」での登場人物紹介

ふくろう君
家情報を持ってきてくれるふくろう君。

りす男
家を見るのが大好きで、みんなの家をのぞいてはウハウハしているりす男。

うさ子
みんなになりかわり家について語ってくれるうさ子。

ふくろう君、りす男、うさ子の3匹で楽しくブログ運営していきます。

スポンサーリンク

「向かうところ家」について

ふくろう君
今回は、このブログの管理者、本人のお話です。

 

狭小住宅でも、低予算でも、年収300万でも、大阪市内で新築の家が欲しい。

そんな野望叶わないよなーっと思っていたけど、叶っちゃいました。

建てた家は15坪3階建ての家。

子供3人と旦那と私の5人で住んでいます。

こんな私達でも新築の家、買えました。

りす男
15坪に5人家族ってどうなのよ。

新築の家を購入後、家に関してもっと知りたい。

他の家をもっと見たい、そう思い、「向かうところ家」というブログを始めました。

りす男
家買う前に興味を持てよ。

プロローグ

私たちが家を買う決意をしたのは3人目妊娠中の時でした。

このまま賃貸でも良いけど、賃貸は資産にはならないし、子供が巣立ってから引っ越すのも後20年後ぐらい(おそらく)

もともと機会があれば家を買いたいなっとインターネットやチラシを眺めていました。

うさ子
不動産ってみるの楽しいじゃないですか。

りす男
その気持ちよく分かるぞ。

見てるだけで夢が広がります。

夢だけですけどね・・・。

でもどうせなら夢を現実にしたい!

気になる物件を見つけたら話を聞きに行ってみたり、不動産のサイトに登録したりしたりして・・・。

子供も3人居るし、あまりお金はかけられない!

やっぱり一生賃貸か?

っと思っていた時に偶然、予算に収まりそうな物件をインターネットで 発見して運よく購入に至りました。

これは神様が運んできてくれた運命だと思ってます。

我が家のマイホームヒストリー

実は、私たちが今の家を買う前に、別の買主がいたんです。

私たちがインターネットで偶然見つけた物件(我が家)の広告もぐずぐず悩んでいたら次の日には削除されてしまい。

マイホームの夢は終わったな!っと思いました。

不動産は早い者勝ちですからね。

普通「削除=買い手がついた」って思いますよね。

でもやっぱり私は夢を諦めきれず、マイホームが欲しい。

この物件しか我が家で買える家はない!

そう心に決めた私はダメで元々。

うさ子
当たって砕けろ。

りす男
どんだけ必死だよ。

うさ子
一生に一度のマイホーム購入、そりゃ必死にもなります。

するとやはり買い手がいるみたい・・・。

なんだけど、不動産屋の様子が少しおかしい。

実はその物件を買いたい人は、どうやらローンの審査が通らないっと不動産屋は踏んでいて、その人がローンの審査に落ちたら紹介できるとのこと。

その結果が分かるのが1週間後。

不動産屋の言葉を信じてはらはら、ドキドキしながら1週間、結果を待つことに。

うさ子
ドキドキ。

りす男
ドキドキ。

買い手はどうやら自営業の方らしいのです。

自営業は審査は通りににくいっと聞いていたが、本当にそうなのか?

買えるのか、買えないのか?

私たちもローンの審査大丈夫なのか?

本当にこの物件で良いのか?

子供が3人いて年収300万円で暮らしていけるのか?

家を買う不安や自問自答をしながら、家を買いたいような買いたくないような・・・。

うさ子
本当に、この物件を買って良いのだろうか?

りす男
ドキドキ。

ハラハラした1週間でした。

15坪3回建ての狭小住宅だけど。

年収300万、家族5人だけど。

条件付き土地でハウスメーカー選べないけど。

絶対この近辺では売っていない格安物件だけど。

私たちは念願の新築の家を建てることができたのです。

りす男
結構条件厳しくない?

マイホーム購入しても家が気になる

「家は3回建てないと理想の家にならない」と言われているように我が家も例外ではなく、不満や失敗は多くあります。

りす男
狭小ってだけで不満だよな。

しかし、満足していないからこそ、家についてもっと知りたい。

皆のお家をのぞいてみたい。

もっと家について考察したい。

どんな失敗や苦労があるのか調べたい。

そんな思いで作りました。

スポンサーリンク

このブログの「座右の銘」

我が家、楽の釜盥(わがいえ、らくのかまだらい)

意味盥を買えずに釜で代用しているような貧乏な暮らしでも、我が家ほど楽しい所はないということ。

このことわざが座右の銘です。

 

家の事で悩んだりするときもありますが、悩んだ分だけ愛着が湧く。

家を買って後悔したこともあるけど、やっぱり自分の家は最高です!(15坪ですけどもね。)

このブログではみんなのお家情報を少しだけのぞいて、みんなのマイホーム事情を考察、研究しています。

役に立つ情報があったりなかったり?

りす男
このブログは興味と好奇心でできてるぞ。

 

スポンサーリンク

この記事が気に入ったら
フォローしよう

最新情報をお届けします

Twitterでフォローしよう

おすすめの記事