みんなの家情報
寝室に月のベッドサイドランプは見ていて楽しい。3Dプリンターはデザインがリアル

寝室はリラックスする場でもあり、読書や身支度を整えたり、色々なシーンを想定しなければならない場所でもあります。

特に、寝室の照明は落ち着いた電球色がおすすめですが、様々なシーンを想定するとなると調光できる照明がおすすめです。

ベッドサイドに置く照明はあまり大きくなくても十分にその役割を果たしてくます。

ふくろう君
今回は、月のベッドサイドランプを寝室に置いたお家です。
りす男
夜の世界が部屋で感じられるって素敵だな。

寝室に月のベッドサイドランプを選択

添付画像は一番小さい12センチのものです
うさ子
月の形をしたベッドランプを置いています。

とてもリアルで枕元において眺めているだけでも癒されます。

夜の読書などがより楽しくなること間違いなしです。

色も三段階から調節することができ、USBで充電もできるので機能面でも使い勝手が良いです。

りす男
月って神秘的で良い感じだよな。
スポンサーリンク

寝室に月のランプってどう?

月っと言えば「」ですよね。

闇夜に浮かぶ月を眺めるのは、ロマンティックで幻想的な空間をもたらしてくれます。

そんな月ですが、寝室に月のランプがあると、寝室の雰囲気もガラっと変わること間違いなしです。

スポンサーリンク

特徴

  • 3Dプリンターデザインでつなぎ目がない
  • 素材は「PLA」なので衝撃には注意
  • 無段階調光で好みの明るさにカスタマイズ
  • 充電式なので、耐久性はやや不安か
  • 「CPLA」っというメーカーが作っている

3Dプリンターデザインでつなぎ目がない

このランプは3Dプリンターで作られたデザインです。

3Dプリンターとは

3DCADや3DCGなど、三次元のソフトウェアで作成されたデータを用いて作成されます。

素材は色々ありますが、フィラメントと言われるものを高温で溶かし、断面を一層ずつ重ねて立体的に作り上げます。

通常ならつなぎ目が必要であろうものでも、3Dプリンターならつなぎ目が必要ないので、見た目がきれいで、複雑なデザインを作ることが得意です。

うさ子
もちろん、このランプにもつなぎ目はありません。

NASAのデータを使用し、よりリアルな月の表面を3Dプリンターの技術を使って再現しています。

ランプを付けていない時は、発砲スチロールのような外観も否めませんが、ランプを付けると、月面の模様がとても素敵に浮かび上がり、本物のお月さま見たいです。

月のデザインで癒されるほか、インテリアとしてもランプを付けるのが楽しみになる商品です。

りす男
さすが、NASA!!

素材は「PLA」なので衝撃には注意

PLAとは植物由来のプラスチックです。

3Dプリンターとしてよく使われる素材に、ABSという素材があります。

ABSに比べるとPLAは、素材に粘り気がなく、耐久性や衝撃に弱く、誤って落とすと割れる可能性もあるので、取り扱いには注意してください。

また、PLAは、高温に弱いですが、LED電球を使用し、電池もリチウムポリマーを使用しています。

LED電球は発熱しない電球です。

リチウムポリマーは電池なので多少は発熱しますが、250mAhっと容量が少ないので、発熱に対してはそんなに心配する必要はなさそうです。

うさ子
良かった。

無段階調光で好みの明るさにカスタマイズ

121518㎝のサイズ展開をしています。

ランプの色は無段階調光で、自分好みにカスタマイズできるので、気分によって明るさや色合いを微調整することができます。

寝室にはリラックスするためにもオレンジ色の光がベストですが、今日は満月のような白い光が見たいって気分になったとでも、自由に楽しむことができます。

りす男
子供は絶対遊んじゃうな。

充電式なので、耐久性はやや不安か

このランプはUSB充電式です。

充電式なので、コードが邪魔にならず、小さいので持ち運びも楽です。

パソコンから充電できる他、コネクタを差し込めば普通のコンセントでも充電できます。

電池の容量は250mAhっと少なめです。

使用条件によって電池の持ちは違ってきますが、一番明るい状態で使用しても4時間は持つので、読書などをするにしてもコードレスで使用することができます。

ただ、使用していると電池は劣化してくるので、月日が経つにつれ、使用時間は短くなるかもしれません。

LED電球は10年以上持つと言われ、リチウムポリマー電池も寿命は10年ぐらいだと言われています。

しかし、小さなランプであるが故に電気回路が焼き切れて使用できなくなる可能性はないとは言い切れません。

それに、充電式のランプは充電部分(USB接続部分)の取り扱には注意してください。

充電する電気製品は、充電部分がダメになってしまうとどんなに大切に扱っていても使用できなくなります。

りす男
10年持つと良いな。

「CPLA」っというメーカーが作っている

CPLAという会社は2016年に設立した若い会社ですが、メーカー保証が1年ついています。

3Dプリンター会社が作っている会社なので、デザイン性が高いです。

もし、万が一ランプの故障があれば対応してもらって下さい。

月のランプ情報

ネットでも月のランプは色々出回っています。

丸いので、木のスタンドに置いて置かないとコロコロ転がりますが、満月のランプは月の満ちなるパワーを感じられて、パワーをもらっているような気さえします。

また、天候を気にせず満月を楽しめます。

リラックスする空間に神秘的な満月の明かりがあると癒されるので、月のランプに魅力を感じたらぜひお家に取り入れてくださいね。

スポンサーリンク

この記事が気に入ったら
フォローしよう

最新情報をお届けします

Twitterでフォローしよう

おすすめの記事