トイレの存在をインテリアに。システムトイレは空間の美観と使い勝手に優れる

トイレを作る、リフォームする時、トイレの種類を知っておくと選択肢が広がります。

システムトイレはハイグレードなトイレですが、自由度が高く、トイレの使い勝手を自分好みにカスタマイズしやすいのが特徴です。

カスタマイズ性が高いため、オーダーメイドでトイレを作ることができますが、それに伴い費用も掛かるのがネックです。

しかしながら、他の家とかぶらないので、家の内装にこだわるのならシステムトイレにしてトイレにもこだわるのも良い家づくりだと言えます。

りす男
せっかくなら最新のトイレが良いよな。
ふくろう君
今回は「システムトイレ」のご紹介です。

システムトイレとは

トイレの中にトイレ以外のパーツがあるトイレです。

そのパーツには手洗い場や収納棚などが含まれ、内装など自由にカスタマイズできるので、オーダーメイドトイレとして扱われています。

タンク式のトイレでは、手を洗う場として上から水が流れるシステムもありましたが、システムトイレは手洗い場を別に設けることができます。

手洗い場がトイレ内にあることで、すぐに手を洗えて、手洗い場も広くすることができます。

りす男
広いと水はねがなくて良いよな。
ふくろう君
システムトイレには大きく分けて2種類のトイレがあります
システムトイレの種類
  • 収納一体型トイレ
  • タンクレストイレ

収納一体型トイレ

システムトイレでは収納一体型トイレというものがあります。

収納一体型トイレとは、トイレがタンクと便器が一体型になった一体型のトイレで、タンクを隠すようにかべを作り、背面に収納スペースを作ったトイレです。

収納スペースの上にはトイレにつながっている手洗い場があります。

収納スペースの上に手洗い場を設けることで、トイレにスペースがなくても収納スペースと手洗い場を設けることができます。

手洗い場がトイレの真上ではなく、手を洗いやすいように、左右に振り分けられているトイレもありますが、トイレの上に手洗い場があるので位置が高いです。

タンクレストイレ

タンクレストイレは、タンクのないトイレなので収納スペースを背面に設置しなくても構いません。

好きな位置に収納スペースをとる事ができ、手洗い場も別に設けることができ、融通が利きやすいです。

自由度が高く、まさにオーダーメイドのトイレを作ることができます。

ふくろう君
しかし、値段が少し高めです。
りす男
やっぱりか。
スポンサーリンク

システムトイレのメリット

  • カウンターを設置できる
  • 収納スペースが確保できる
  • 見栄えが良い
  • 大掛かりの工事が要らない

カウンターを設置できる

トイレに何かを持ち込むこと人は意外に多いです。

トイレの便器の中に、トイレに持ち込んだものを落としてしまわないように、座った時に物を置きやすい位置にカウンターを設置することができます。

収納スペースが確保できる

システムトイレのメリットは収納スペースをあらかじめ作っておくことができる所です。

見栄えの悪い清掃道具やトイレットペーパーなどを収納することができるので見た目が整って見えます。

また、システムトイレはトイレの中で手を洗うことを前提で作られているので、ハンドソープなども常備することもできます。

トイレには何かと収納するものが多いので、後からDIYで棚を作る人もいますが、その必要もありません。

見栄えが良い

トイレ内が手洗い場や収納スペースがあらかじめ設計されているので見た目が整っていて機能的です。

清潔感さえ漂います。

女性では、トイレに置いて置く事が多い、生理用品なども収納できるので、来客者や友人がトイレを使っても見栄えが良いです。

従来のトイレとは違い、個室感が増し、トイレの快適さを求める人にピッタリです。

大掛かりの工事が要らない

システムトイレは、配管をキャビネットや収納スペースとすることで、既存の配管設備をそのまま利用できるケースがほとんどなので、大掛かりの工事が必要ありません。

スポンサーリンク

システムトイレのデメリット

  • 故障修理費が高い
  • 各メーカーによって必要なスペースがある
  • レイアウトで悩む
  • 価格が高い

故障修理費が高い

システムトイレの収納一体型トイレや、タンクレストイレは、タンクと便座、便器っというパーツが組み合わされ、連動して作られています。

それに伴って、トイレのタンクが故障した場合、トイレを丸ごと交換しなければならないケースもあります。

トイレの寿命は10年程度と言われていますが、各メーカーの保証期間は1年~2年で、長くても3年です。

保証期間外でトイレが故障してしまうと、1か所の故障でもトイレの修理費は高いです。

各メーカーによって必要なスペースがある

システムトイレは、トイレ内のスペースが広くなければ設置できません。

各メーカーごとに必要なトイレ内幅や奥行きが決められているので、それに見合ったトイレのスペースの確保が必要です。

デザインが気に入ってもトイレのスペースがあまりにも狭すぎると設置できないこともあります。

りす男
メーカーを渡り歩けば設置できるかも。
ふくろう君
その意気です。

レイアウトで悩む

システムトイレはカスタマイズ性が高いため、レイアウトで悩みます。

トイレ内に設ける収納スペースの大きさや位置、手洗い場の種類、カウンターの長さ、など自由に決められることが多いです。

システムトイレにも各メーカー色んな種類があるので、自分好みのレイアウトを見つけているとなかなか決めるのに悩むかもしれません。

りす男
自由度が高いだけに、決められないな。
ふくろう君
そんな時は、プロにアドバイスをもらうのも手ですよ。

価格が高い

システムトイレは最高級のトイレのため、価格が高いです。

通常なら、トイレだけ設置しますが、プラス手洗い場や収納スペース、また、壁紙なども張り替える必要があるため、値段が高めです。

一番低いグレードのトイレを選んでも少なくとも20万円はします。

トイレだけを交換するだけなら5万円程度で済むこともありますが、トイレの床が傷んできたり、トイレ以外にもリフォーム個所が多い場合、システムトイレにするとすがすがしいです。

りす男
最新設備、欲しい。
ふくろう君
新しいもの好き?

工事の期間が長い

システムトイレはトイレ内の工事個所が多いため、工事の時間が長いです。

トイレによっては半日程度で済むものもありますが、中には1日~2日程かかることもあります。

トイレのリフォーム中に水が使えない工程もあるので、その間はトイレが使えません

トイレの存在が美しく感じる空間が作れるのが「システムトイレ」

システムトイレはトイレっというよりもトイレ内をフルリフォームする人向けのトイレです。

最新鋭のトイレなので、新築時や、トイレを長年使ってきて、壁紙や床などの傷みが気になりだしたら採用したら良いトイレだと言えます。

システムトイレの最大のメリットは、やはり、見た目の清潔さです。

収納スペースがあり、棚の中に見栄えの悪い清掃道具やトイレットペーパーなどを隠すことによって、無駄な物を置いて置く必要がなくなります。

収納が行き届いていると掃除もしやすいです。

トイレは毎日使う物ですが、生整頓されて整ったトイレは使いやすく、快適にトイレを済ますことができ、トイレも清潔に使う事ができるのではないでしょうか?

りす男
後は値段次第だな。
ふくろう君
とりあえず比較してみるのも手ですね。

スポンサーリンク

この記事が気に入ったら
フォローしよう

最新情報をお届けします

Twitterでフォローしよう

おすすめの記事