みんなの家情報
タイルデッキはメンテナンスが楽。業者選びで失敗。追加費用を払って二度手間に
DSC_0158

庭の外構をどのようなものにするかを考えた時に、タイルデッキとウッドデッキ、どちらを選ぶかによっても家周りの印象は全く変わります。

家づくり、家を変える時はイメージが大切です。

何に重点を置くか、メンテナンスなのかデザインなのか、玄関との動線など、防犯面でも考えることは意外と多いです。

お家の外構は外気にさらされるため、外の影響をダイレクトに受け、劣化も激しい個所。

また、部屋の中より目が行きにくい場所なので、メンテナンスがしにくい場所でもあります。

おしゃれな外構は目を引きますが、メンテナンスや使い勝手良い外構づくりにすることも必要です。

ふくろう君
今回はタイルデッキを選んだ家です。
りす男
りす男は木が好きだ。

タイルデッキとは

「タイルデッキ」とはセメントの土台にタイルを張り付けられて作られます。

タイルを1枚1枚、手作業で張られるため、職人の腕によっても仕上がりが左右されることも。

色もバリエーションがあり、自分の好みのデッキを作ることができます。

また、高級感のある仕上がりが期待できます。

スポンサーリンク

ウッドデッキとは

「ウッドデッキ」とは木で作られているため、木の温かさがあります。

木はお家との相性が良いことから、どんなウッドデッキでもお家にマッチします。

また、天然木は経年とともに色合いや表情が変わってくるため、年を重ねる楽しみがあります。

木(自然)にはリラックス効果があるので、落ちつた印象にしたい人、木の温もりに魅力を感じる人に好まれます。

ウッドデッキは人工で作られたものもあり、天然木より耐久性があり、木の味わいを手軽に楽しめるものも。

ウッドデッキは加工がしやすいので、変幻自在にデッキを作ることができます。

りす男
ん?
ウッドデッキの方に力が入ってるような気がするのは気のせいではないぞ。
ふくろう君
木、好きだから・・・ですよね。
スポンサーリンク

タイルデッキとウッドデッキを比べると

タイルデッキウッドデッキ
設置費用高い安い
メンテナンス楽、簡単難しい
耐久性高い低い
強度強度が高い強度が低い
デザイン色柄豊富木目調
施工日数時間がかかる最短1日
タイルデッキとウッドデッキを比較

タイルデッキはウッドデッキより設置費用は高いですが、メンテナンスが楽です。

タイルは汚れが落ちやすく、つきにくい素材であるため、お手入れも簡単。

また、耐久性があるため重い物をのせても平気で、耐火性も高いため、タイルデッキの上でバーベキューを楽しむこともできます。

ウッドデッキのように木にカビが生えることがなく、劣化しにくいのも魅力です。

デザイン柄がウッドデッキより自由度が高いことから、自分好みのタイルデッキを作ることができますが雨に濡れると少々すべりやすくなるので注意が必要です。

また、夏場はタイルが高温になるので照り返しが強くなります。

メンテナンス重視ならタイルデッキがおすすめ

うさ子
メンテナンスが楽なのでタイルデッキを選びました。

メンテナンス費用や普段のメンテナンスを考えると初期費用が高くてもタイルデッキに軍配が上がると思います。

メンテナンス重視でデッキを選ぶならタイルデッキがおすすめです。

砂利とデッキの高低差はホームセンターなどで売っているU字ブロックをステップ部分に使用して費用をおさえました。

夏場だけウッドデッキに比べタイルデッキの方が熱がこもるので素足で歩けないというデメリットはありますがそれ以外はタイルデッキに満足しています。

また、費用をできるだけ下げるため目隠しのフェンスは気になるところだけ目隠しを高い位置で設定し、物置も目隠し替わりに使用してフェンスの量を最小限にしました。

りす男
こういう戦略も大切です。

庭で後悔した点は「砂利」

1点失敗した点は手軽な雑草対策として庭一面砂利にしました。

しかし、砂利の上だと自転車が転倒しやすいこととボール遊びなど庭で遊ぶことが難しいです。

自分でコンクリート、砂地、芝生などに作り替えるにしても砂利の処分や時間や費用の問題で断念してしまっています。

防犯対策にもなりますが、砂利ではない庭づくりを依頼すれば良かったと思います。

りす男
砂利で後悔した人って結構多い気がするな。

業者選びでトラブル発生

我が家では2社、外構業者に依頼しました。

1社目の業者は打ち合わせでお願いした内容を忘れていたり、完成した内容が違うことがあり途中から外構業者を変更しました。

うさ子
1社目は知り合いから紹介してもらった業者です。
りす男
え!
そんな業者いるの?

2社目の業者は丁寧に施工していただきましたが、業者を分けてしまったため本来なら1回の施工で大丈夫な工程も1社目の業者の追加作業となってしまったため、無駄な費用が発生しました。

2社目は自分で何件か見積もりをとって決定しました。

人からの紹介で安心しておりましたが、杜撰な施工で結局違う業者に依頼した形になったので、ようなことにならないように、無料で見積をとる事をおすすめします。

見積もりに来た業者とよく話すことで、知識や認識の確認ができますし、安心して任せられそうな会社かどうか選別できます。

費用を気にしないならこうしたいプラン

  • 砂利以外の庭造り
  • 目隠しフェンスをすべてに設置
  • サンルームの設置

砂利以外で庭を作りたいです。

費用を気にしなくていいのであれば目隠しフェンスを同じ高さで囲うこと。

後、洗濯物を外に干すと砂ぼこり花粉などが気になりますのでサンルームを設置できればよかったと思います。

外構は予算さえあれば付け足せるものが色々あるので、理想と現実に悩むところです。
りす男
胃が痛くなってきた。

業者選びは知人紹介でも安心してはならない

外構業者は知人からの紹介でも、しっかりしている会社かどうかは分からないため、安心してはいけません。

外構業者を選ぶ時、多くの人は自力で探すと思います。

しかし、頼りの会社のHPを見ても素人である私はチンプンカンプンです。

自力で探すと1社1社見積もりを取らないとならなくなり、時間も労力もかかります。

また、おおよその料金を知るためにも、まずは無料一括見積サービスをとることをおすすめします。

業者によって得手不得手もあります。

提案するプランや費用などのは業者によってピンキリです。

無料で一括見積が取れるサイトはそこら中にありますが、優良会社しか登録されていないサービスに見積もりを取ったことで、業者の選別もそれほど難しくなく、手間もかからず楽でした。

うさ子
最初から見積もり取っておけば良かった。
りす男
2度手間にならないようにしっかりチェックが必要みたいだな。
スポンサーリンク

この記事が気に入ったら
フォローしよう

最新情報をお届けします

Twitterでフォローしよう

おすすめの記事