みんなの家情報
現代風でないコイズミのブラケットライトは玄関の雰囲気づくりに一役買う

ブラケットライトは小さくて個性的であるだけで人目を引く存在になる照明器具です。

ブラケットライトがあると、光と影が強調されて、ムードのある空間ができあがりますが、照らす範囲も狭いので、メインの照明には向きません。

しかし、強調したい場所やピンポイントで照らす照明としては、柔らかな光がとても魅力的で癒されます。

ブラケットライトを内玄関に取り入れるポイントは、メイン照明として活用するのではなく、補助照明や、インテリアとして取り入れること。

見た目を気にする必要がある玄関では、ブラケットライトは雰囲気づくりに一役買います。

ふくろう君
今回は、アクセントとしてブラケットライトを取り入れた玄関です。
りす男
ブラケットライトはあるだけで映えるよな。

玄関にコイズミのブラケットライト

うさ子
我が家のお気に入りの照明は、コイズミのLEDブラケットライトです。

玄関ドアを開けるとすぐに目に入る位置に設置しています。

別にメインの照明があるので、玄関の明るさは確保できていました。

しかし、玄関のアクセントとして取り入れてはどうかと、インテリアコーディネーターの方に勧められて、ハウスメーカー(ノーブルホーム)経由で購入しました。

シンプルで、現代風ではないデザインが玄関の雰囲気を作り出してくれ満足しています。

スポンサーリンク

ブラケットライトとは

ブラケットライトとは壁に取り付ける照明器具の事です。

壁に照明が当たるので、間接照明のような柔らかな光を放つのが特徴です。

空間を明るく照らすより、壁に強く当たった光と、それによってできた影のコントラストが魅力的で、その陰影が心地よい空間を生み出します。

玄関のブラケットライトはインテリア向き

玄関のブラケットライトはアクセントになりますが、照明器具そのものがインテリアとなります。

あるだけで人目をパッとひくものになるので、インテリアとしてデザインも重要です。

玄関は、人目に触れやすく、見た目は気にする必要がある場所なので、おしゃれで受けが良い照明器具として、見栄えを気にするならブラケットライトは最適です。

ブラケットライトで暗さを強みに

玄関の照明で、明るすぎる玄関はNGです。

コンビニやショッピングセンターに入った時(全ての店舗がそうではないですが)まぶしいと感じたことはありませんか?

空間が明るいと、空間が清潔に見えたり、よく物が見えるので、空間全体を見渡しやすいです。

しかし、玄関が明るすぎると日中はまだ明るさに慣れているので良いのですが、夜間帰宅するときは、外の暗さに目が慣れていて、明るい玄関に入った時に、眩しく、とても不快な玄関になってしまいます。

特に、玄関は、我が家に帰ってきたという一番初めに家に足を踏み入れる場所なので、安心感のある玄関づくりが重要です。

玄関は、リビングのようにはっきり物が見える照明より、少し照明を落とした方がホッとする心地よい玄関になります。

その点、ブラケットライトは間接照明のような役割をしてくれるので、玄関のデザインを考えた時に明るさを抑える照明器具として最適です。

ブラケットライトは暗がりを味方につけるアイテム

明るすぎないと良いと言いましたが、問題は暗すぎたらどうしようっという問題。

メインの照明の明るさを抑えると壁際が暗くなりがちです。

中央にメインの照明器具で玄関を明るく照らし、壁際をブラケットライトで照らせば、玄関全体に光が届きやすいです。

それに照明を単一に照らすより、複数の光源があった方がお互いの光が重なり合い、空間に立体感が出るので、おしゃれな雰囲気になります。

暗がりを味方につけ、落ち着きがあるムードを出すことが得意なアイテムです。

スポンサーリンク

ブラケットライトを取り付ける時に考える事

  • 統一感は大切
  • 玄関のメイン照明の距離よりインテリア性を重視
  • 電気の色は玄関のイメージ別に決める
  • 掃除やメンテナンスのしやすさ

統一感は大切

おしゃれで人目を引くようなブラケットライトは山ほどあります。

ただ、玄関のデザインやインテリアとの相性は考えておいた方が良いです。

玄関は比較的狭い場所なので、玄関に入った時に、視覚的に情報が一気に入ってきやすいです。

そこで、おしゃれなブラケットライトを選ぶと目につきやすく、おしゃれ度がアップしますが、玄関は意外と物を置く事が多い場所です。

玄関に置く物やインテリアとの兼ね合いも考えて、デザインが邪魔にならないようにする必要があります。

うさ子
何を置くのか決まっていないならなシンプルな物をおすすめします。
りす男
多灯置くとごちゃごちゃした印象になりがちだしな。

玄関のメイン照明との距離よりインテリア性を重視

ブラケットライトを玄関のメインの照明の壁に取り付ける時は距離が重要です。

メイン照明と近すぎるとその空間だけ明るく感じ、まぶしく感じます。

ブラケットライトは、コンセント式の物ならコンセントがあれば容易に位置を変えられますが、配線を直接つなぐ場合は工事が必要になります。

また、位置も容易に変えることができず、故障の際にも配線をつなぎ直さなければならないので、電気工事士の資格を持った人にお願いしなければなりません。

ブラケットライトの交換や位置に不安がある人は、コンセント式がおすすめすが、そもそもブラケットライトはインテリアとして選ぶべきです。

光の演出とブラケットライトのデザインで玄関に個性が出ます。

見た目重視で、配線をスッキリさせた方が見栄えも良いので、配線直結式の方がおしゃれで見栄えも良いのは言うまでもありません。

うさ子
配線があったら元も子もありません。
りす男
確かに、コードは玄関には邪魔だな。見栄えも悪い。

電気の色は玄関のイメージ別に決める

内玄関の照明の色は、物が一番自然に見える「昼白色」かリラックスできる「電球色」がおすすめです。

一番明るい色である「昼光色」は物が一番はっきり見えますが、光が一番青白く見える色で、冷たく寒いっといった印象を受けがちです。

しかも、一番明るいので、まぶしく感じやすく、玄関には適していません。

内玄関に選ぶとしたら、玄関の目的別に「昼白色」か「電球色」がおすすめです。

内玄関の目指す印象別色分け
  • 隅まで均一に自然に見える空間を目指す→「昼白色」
  • 落ち着きのあるリラックスできる空間を目指す→「電球色」

掃除やメンテナンスのしやすさ

どんなにデザインが良くても、電球の交換の手間やメンテナンスが大変では、嫌になります。

玄関は特に土埃など舞いやすいので、なるべく汚れが付きにくく、お手入れもしやすい物を選んでおくとメンテナンスの時も困りません。

ブラケットライト情報

ブラケットライトは壁から飛び出ているので、目立つ存在です。

デザインは人それぞれ好みがあり、玄関の雰囲気によって合う合わないもあると思います。

何より、ブラケットライトは小さくて可愛くおしゃれなので、選ぶのが楽しく、玄関に設置した時を想像するとまた楽しいです。

玄関の雰囲気づくりとして、自分のイメージにピッタリ合うブラケットライトを探してみてください。

スポンサーリンク

この記事が気に入ったら
フォローしよう

最新情報をお届けします

Twitterでフォローしよう

おすすめの記事